六角精児、前田敦子と夫婦役に照れ「だいぶ年は離れてますけど」 奇跡の2ショットを成田凌が絶賛

六角精児、前田敦子と夫婦役に照れ「だいぶ年は離れてますけど」 奇跡の2ショットを成田凌が絶賛

 俳優の成田凌(28)、前田敦子(31)、六角精児(60)が19日、都内で行われた映画『コンビニエンス・ストーリー』(8月5日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。



【動画】前田敦子の天然発言に会場騒然!成田凌が優しくフォロー



 同作で、前田と六角は夫婦を演じている。撮影を振り返った前田は「深く考えるというより、監督の世界観にどうついていけるか。正直に真っすぐな気持ちでいた。六角さんの奥さんなので、それだけで楽しかった」とにっこり。そんな発言に六角は「すみません、なんか…」と照れ笑いしながら「(成田含め)だいぶ年は離れているんですけど、1人で孤立することもなかった。さりげない会話をしてくれて、自然とコミュニケーションが取れた」と感謝していた。



 また、前田は役への共感を問われると「共感…」と言葉に詰まる。すると六角は「俺の奥さんだから共感できないの?」と素直に疑問をぶつけ、前田は「そんなことないですよ」と苦笑いでフォロー。成田は「家の中に2ショットの写真があるんですけど、ぜひ見てほしい! 自分も一時期、待受にしていたぐらい最高のバランスの2人なんです!」と力説。前田も「楽しかったですね」と頬を緩ませていた。



 完成披露には、三木聡監督も参加した。



 本作は、コンビニが入り口の“ちょっとした異世界”で出会い恋に落ちる二人の物語。映画『くれなずめ』(2021年)以降、何度も共演経験があり、息ぴったりの成田と前田が本作では不思議な距離感のキャラクターで再共演。成田は異世界に迷い込んでしまう売れない脚本家・加藤を演じ、加藤が迷い込む不思議なコンビニエンス・ストア「リソーマート」の店員・惠子を前田が演じる。そして、惠子の夫でコンビニオーナーの南雲役を『大怪獣のあとしまつ』に続き、三木監督作品には2度目の出演となる六角が演じる。

カテゴリ