Chara、『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技 宮藤官九郎は阿部寛と15年ぶり共演

Chara、『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技 宮藤官九郎は阿部寛と15年ぶり共演

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて独占配信される、阿部寛主演のドラマ『すべて忘れてしまうから』(9月より配信開始予定、全10話)に、Charaと宮藤官九郎が出演していることが明らかになった。



【画像】バーカウンターのシーン



 人気作家・燃え殻の同名エッセイが原作。ハロウィンの夜に突如姿を消した“彼女”をめぐる、ミステリアスでビタースイートなラブストーリーを描く。主演の阿部が演じるのは、大した賞も大ヒット作もないまま小説を描き続けているという地味で主体性がないミステリー作家“M”。



 そんなMが通う行きつけのバーであり、ハロウィンの夜に彼女が消えた場所でもある、物語のキーとなる舞台「Bar 灯台」のオーナー・カオル役をCharaが演じる。1996年公開の『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技となり、配信作品はもちろん、ドラマ作品への出演も本作が初。阿部とも初共演だ。



 オファーを受けたCharaは、出演を快諾した理由を「音楽絡みの役柄だったのと、私にやって欲しいという熱意が伝わったからです」と語る。また、「新しい事をやるのは、とても楽しいからね」と、新たな挑戦への興味もあったことを明かした。



 今回演じるカオルと自身が似ているところを聞かれると、「Charaに寄せてくれたんでしょうか? 女性でシングルマザーで息子もいるところと音楽を愛しているところかしら? カオルさんの方が謎めいてるかな」と重なるところも多かった様子。主演の阿部に関しては、「かっこよかったです。声とか低くて素敵でした」と現場で初めて会ったときの印象を明かした。



 そして宮藤は、同じバーで働く元バンドマンの料理人・フクオ役で出演。阿部とは『大帝の剣』(07年)以来、15年ぶり2度目の共演となる。オファーを受けて「うれしかったです。俳優として連続ドラマに出るのも久しぶりですし、阿部さんとも15年ぶりの共演だし。監督陣はじめスタッフも若く才能あふれる方々だし、何しろ衣裳がいちいちオシャレで、着て帰りたいくらいでした」と思いを語った。



 今回演じる料理人・フクオに関しては、「なんか、いい加減に生きているように見えて、自分の半径数メートルの世界を大事にしているんだろうなと。20代半ばまで深夜営業の居酒屋でバーテンのような事をしていたので、自分でも驚くほど自然に溶け込むことが出来ました」と、自身の昔の経験が今回演じる上で役に立ったことを明かす。



 久々の共演となった主演の阿部とは、「10数年前に、広島の山の中で1ヶ月くらい、終わらないんじゃないかという過酷な撮影を共にして以来でしたが、いい声でボソっと、くだらない事をおっしゃるところは、まるで変わってなくて、懐かしかったです」と、久々の撮影に昔を思い出す場面もありつつ、「阿部さんの役はすごく情けなくて、関係性も、ちょっとだけ僕の方が優位だったのが、新鮮でした」と振り返った。



 本作の魅力については、「現場でもらう差し込みのせりふがいちいち秀逸で、そのディティールに、監督が何を大切にされているかがにじみ出ているような気がして、そういう細部にこそ、このドラマの本質があるんじゃないかなと思いました」と、脚本家でもある宮藤ならではの視点で語っている。



 ドラマの配信を楽しみにしている人に向けて、Charaは「独特のドラマスタイル。原作から、気になっている人も、役者さんから気になる人も楽しめるといいな」。宮藤は「無理に感情を誘導せず、強引に盛り上げたり、泣かせようとしたりせず、それでも、大人の子どもっぽさとか、若者の達観とか、生きにくい社会とか、現代を切り取っている、珍しいドラマだと思います。その中で、珍しくオシャレな服を着て、珍しく良いこと言ったり言わなかったりしている僕を観てください」と、それぞれアピールしている。
カテゴリ