『ドンブラザーズ』ヒロイン・志田こはく『サンデー』初表紙 グラビアは町中華の看板娘になりきり

『ドンブラザーズ』ヒロイン・志田こはく『サンデー』初表紙 グラビアは町中華の看板娘になりきり

 スーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』のヒロインを務める志田こはく(18)が、20日発売の『週刊少年サンデー』34号(小学館)の表紙&巻頭グラビアに登場。日曜朝に活躍中の現役JKが、等身大でフレッシュな制服姿を披露する。



【写真】美肌!透明感あふれる眼差しでカメラを見つめる志田こはく



 志田は『ドンブラザーズ』にオニシスター/鬼頭はるか役で出演。物語は彼女が演じるはるかの視点で幕を開けるという大役で、映像作品初出演とは思えない堂々たる演技、アフレコが早くも話題になっている。



 少年誌初登場となる今回のグラビアでは、海辺の町で愛される町の中華料理屋の激カワ看板娘になりきり。エプロン姿で配膳する姿はもちろん、海辺で爽やかに海風を感じる姿や、タンクトップ&ショートパンツでリラックスする姿など、笑顔たっぷりに元気を届ける。



 さらに、今回の撮影の膨大なアザーカットや未公開カットを中心に構成されたデジタルフォトブック『海街の放課後』(660円)も発売が決定した。



 同号の巻頭カラー漫画は、テレビアニメが放送中の『よふかしのうた』(コトヤマ)。アニメの主題歌を担当するCreepy Nutsのインタビューも掲載される。
カテゴリ