オール阪神・巨人“実物”がランジャタイと共演へ 巨人が期待「僕を持って運んでもらいたい」

オール阪神・巨人“実物”がランジャタイと共演へ 巨人が期待「僕を持って運んでもらいたい」

 漫才コンビのオール阪神・巨人が20日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で吉本興業110周年感謝祭『わろてください!オール阪神・巨人です!』全国ツアーの記者会見を行った。同ツアーには若手芸人らも参加し、10月の東京「ルミネtheよしもと」公演にはランジャタイのゲスト出演が決まった。



【貴重写真】デビュー2~3年目!若かりし頃のオール阪神・巨人



 芸歴48年目を迎えたオール阪神・巨人が、吉本興行110周年にあわせ、来年3月のNGK公演まで全国8ヶ所をめぐる。オール巨人は「一番盛り上がったのがオール阪神・巨人だと言われるように頑張りたい」と決意。相方のオール阪神は「若手に負けないような漫才をやりたい」と意気込んだ。



 ネタだけではなく、レジェンド×中堅×若手のコーナーなどが見どころ。巨人は「東京でランジャタイが出ます。僕のパネルを持って走り回ってる2人」と、昨年の『M-1グランプリ』をきっかけにブレイクしたコンビを紹介。「吉本ではないんですけども入ってもらいました。できたら、当日は(本物の)僕を持って運んでもらいたい」とニヤリ。阪神も「僕の看板も持ってくれて、お菓子も送ってくれたけれど、お礼を言えてない」と対面に期待を膨らませた。



 来年2月には奄美大島でも公演を行う。離島での漫才は2人の念願でもあり、巨人は「7~8年前にある番組で島民200~300人のところへ行って、向こうの方とふれあいながら漫才をしたけれど、それがおもしろくて」と振り返り、「(奄美を)離島と言ったら失礼かもしれないけれど、島でやってみたかった」と万感。阪神は「生の漫才を観たことない方はたくさんいると思う。出向いて力いっぱいやります」と意気込んだ。



■吉本興業110周年感謝祭『わろてください!オール阪神・巨人です!』全国ツアー

【2022年】

・8月27日 今池ガスホール(愛知) ゲスト:藤崎マーケット、コマンダンテ、ロングコートダディ、もも

・10月1日 メディキット県民文化センター 演劇ホール(宮崎) ゲスト:チュートリアル、笑い飯、プラス・マイナス、和牛、蛙亭

・10月22日 ルミネtheよしもと(東京) ゲスト:おいでやす小田、アインシュタイン、オズワルド、ランジャタイ

・11月3日 ユープラザうたづ(香川) ゲスト:矢野・兵動、アキナ、ガクテンソク、ニッポンの社長

【2023年】※ゲストは未定

・1月28日 新潟県民会館(新潟)

・2月23日 アルカスSASEBO(長崎)

・2月25日 奄美市市民交流センター(鹿児島)

・3月12日 なんばグランド花月(大阪)
カテゴリ