合コンで第一印象UP! 使える自己紹介5つのパターン

合コンで第一印象UP! 使える自己紹介5つのパターン

合コンでは第一印象をあげて、一歩差をつけましょう。

参考にしやすい自己紹介を5つご紹介します。



好きな食べ物を言う


ありきたりな話題ですが、これが合コン中に話に花が咲くきっかけになります。

好きな食べ物を出すお店の話題は意外と盛り上がりやすく、

意中の男性と人気のレストランへ2人で食事に行く約束ができるかもしれません。

また、家庭的な料理をあげると女子力があるというアピールができます。


 


趣味は2つ言う


自己紹介の定番といえば、趣味。

これを言うときのコツは必ず、違うジャンルのものを22言うこと。

合コンでは共通する趣味を持った相手とは意気投合できますが、

一つだけだとなかなか重複しないかもしれません。

そこで2つほど言っておけばかぶる可能性も高くなります。


 


マニアックな趣味や特技


合コンで大事なのは、まずは会話の糸口をつかむこと。

そういう意味では、一つユニークな趣味や特技を言うと、話すきっかけになります。

いかに印象に残るかという意味でも大切です。

ここで注意したいのは、相手がひいてしまうような内容はNGということ。

特に品が無い事柄は避けましょう。


 


男性の後に自己紹介する


男性陣と共通する趣味などをアピールしたいときのコツは、

先に男性陣から自己紹介してもらうこと。

いわゆる後出しじゃんけんのような形に持っていきます。

ただし、このときは、自分の番が来るまでは何を話そうか迷って

人の話を聞いていない場合があるので、きちんと話を聞いて、

空気感も壊さないように心がけましょう。


 


フランクか、ミステリアスか


中途半端にありきたりな自己紹介をするよりかは、キャラ立てをハッキリさせておいたが良いです。

フランクな人柄で行く場合はハキハキ明るい感じで話しましょう。

自分のニックネームなんかも教えると親しみやすさが増します。


また、ミステリアスな女性を演出したい場合は、

自己紹介でどこか濁してみたり秘密にしたりして謎多い雰囲気を出すのです。

逆に、その状態で合コン中に打ち解けた空気になると、

そのギャップで男性陣のハートをゲットできるかもしれません。


 



合コンでは短い時間でコミュニケーションをとる必要があるので、

自己紹介でぐっと男性陣の気をつかめるかどうかが重要です。

と言いつつも、自己紹介は何を言っていいか分からず、悩みがち。

ぜひ、今回の5つのパターンを参考にして頂ければと思います。



カテゴリ