シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ』300年前のプレデターが姿を見せる

シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ』300年前のプレデターが姿を見せる

 1987年に公開された、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1作目から、クロスオーバー作品も含め全6作品、世界中でカルト的人気を誇る「プレデター」シリーズ。それらの前日譚となる最新作『プレデター:ザ・プレイ』が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて8月5日より独占配信される。この度、これから命がけの狩りに挑もうとするプレデターの後ろ姿を捉えた新ビジュアルと、緊迫感漂う場面写真が公開された。



【画像】ナルに忍び寄るプレデターなど、解禁された場面写真



 本作の舞台は、300年前のアメリカ。人類側の主人公はネイティブ・アメリカン最強の部族の女性ナル。荒野のハンターたちと共に育ち、自身も戦士である彼女に目に見えぬ危機が迫る。音もなく忍び寄り、一人、また一人と仲間を殺めてゆく“見えざる何か”。これまで体験したことのない圧倒的な恐怖から生き延びる術はあるのか? 生きるために狩りをする人類 vs 狩りをするために生きるプレデター。狩るか狩られるか、種族と技術の壁を越え、戦士の誇りをかけた“最初の戦い”を描く。



 日の光を浴びる後ろ姿のプレデターの右手から伸びる長く鋭い爪は、これまでのシリーズでも描かれてきたプレデターの基本装備の一つ、近接格闘用の武器“リストブレイド”だろうか? さらにプレデターの肩や腰回りに装着されているガジェットも気になるところ。



 別の場面写真では、盾のようなものを構えて防御態勢をとるプレデターの姿が。その盾から覗くマスクにも注目だ。これまでのプレデターのマスクといえば、近未来的でメタリックなデザインのものが多かったが、今度のプレデターのマスクは何かの頭骨をイメージさせる。どことなく薄靄の中でうっすらと浮かび上がる白いマスクが異様な雰囲気を醸し出している。



 舞台が1700年代のアメリカとあって、本作のプレデターは、その元祖といえるのかもしれない。驚異的な身体能力と、光学迷彩をはじめとした高度な科学技術によって生み出された武器の数々、そして何百キロもの体重の野生のヒグマを、いとも簡単に持ち上げる驚異的なパワーも併せ持ち、宇宙最凶のハンターの名に恥じない圧倒的な戦闘力を持つ。



 対するナルは、高い戦闘技術を持ちながらも、手にする武器は手斧や弓。背後に迫るプレデターから逃れるべく、息を殺す主人公ナルの姿や、一瞬の気の緩みも許されない究極の格差バトルの一端を切り取った場面写真からは、張り詰めた緊張感がひしひしと伝わってくる。音もなく忍び寄るプレデターの脅威に、ナルはどう立ち向かうのか?
カテゴリ