パリが舞台のヒーローアニメ『ミラキュラス レディバグ&シャノワール』100話一挙放送

パリが舞台のヒーローアニメ『ミラキュラス レディバグ&シャノワール』100話一挙放送

 テレビ東京系列でも放送されているアニメ『ミラキュラス レディバグ シャノワール』。全国のケーブルテレビおよび BS・CS放送などで視聴できる「ディズニー・チャンネル」で、第1話~第100話まで一挙放送することが明らかになった。



【画像】日本初放送のシーズン4#101~104の場面カット



 8月1日(月)から8月25日(木)まで、ディズニー・チャンネルの人気シリーズを放送しているブロック「ディズニー・チャンネル HEY! IT'S ミラクルタイム」(後6:00~)で『ミラキュラス』を放送。また、8月5日(金)より毎週金曜日に、101話〜104話(シーズン4最終話)を日本初放送する。



 本作は、ごく普通の高校生、マリネットとアドリアンが、クワミ(妖精)の力でスーパーヒーロー・レディバグとシャノワールに変身し、邪悪な生物アクマから、フランス・パリの街を守る物語。スーパーヒーローの誕生秘話から甘酸っぱい恋の行方まで、『ミラキュラス』を初めて見る人も、もう一度見たい人も、この機会をお見逃しなく。



 日本初放送の101話「クロネコ」では、互いへの想いがすれ違うレディバグとシャノワールの間に亀裂が入り、レディバグがシャノワールに代わる新しいパートナーとタッグを組む!? 102話「ペナルティーム」では、サッカーの授業中にアクマタイズされたクロエがペナルティとなり、自分のコピーを集めたチーム「ペナルティーム」をつくり、ミラキュラスチームと対決する。



 シーズン4の最後を締めくくる103話「リスク」と104話「ストライクバック」では、レディバグがミスをしないのは、リスクを負わないからだと気付いたガブリエルが、怖いもの知らずの少年フロッギーをリスクへとアクマタイズする。リスクの歌を聞いた者は恐れを忘れてリスクを冒してしまい、マリネットをはじめ、パリの人々はリスクのある行動を起こし始める。一方、ガブリエルが企画する広告キャンペーンのため、パリを離れることになり落ち込むアドリアンの前に従兄弟のフェリックスが現れる。レディバグとシャノワールのミラキュラスを狙うシャドー・モスとの最後の対決の行方も見どころだ。



 また、8月26日(後7:00~)には、『ミラキュラス レディバグ&シャノワール』の出演声優たち(奈波果林、逢坂良太、高坂宙、長縄まりあ、森なな子)がミラキュラスの魅力を伝えるバラエティ特別番組『ミラキュラス!ミラクル・バラエティ2022』を放送。MCは爆笑問題・田中裕二と田名部生来が務め、収録現場の裏話や、ミラキュラスに関するクイズ対決、キャラクターの絵描き歌に挑戦するなど、企画盛りだくさんの60分番組となっている。昨年放送された『ミラキュラス!ミラクル・バラエティ』も、8月5日(後7:00)、同27日(後2:00)に再放送。
カテゴリ