『オールドルーキー』プロクライマー・大場美和が“ドラマデビュー” 第4話にゲスト出演 

『オールドルーキー』プロクライマー・大場美和が“ドラマデビュー” 第4話にゲスト出演 

 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(毎週日曜 後9:00)の第4話(24日放送)にプロクライマー・大場美和がゲスト出演することが決定した。今作がドラマデビューとなる。



【写真】”新町”綾野剛がラストチャンスに挑む



 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。



 スポーツクライミング選手として日本代表入りの経験がある大場は、クライミングを題材にした映画への出演経験があり、演技初挑戦にしてヒロインを務めた。現在は現役を引退し、プロのフリークライマーとして活動するとともに、スポーツクライミング競技の普及活動を精力的に行っている。第4話でどのような登場をするかは、放送で明らかとなる。



<大場美和>

このようなドラマでクライミングを取り上げていただけて、それだけクライミングがスポーツとして広く認知されているのだと感じとてもうれしく思いました。クライミングはまだまだ新しいスポーツで、セカンドキャリアをどう歩むかイメージできている人はとても少ないと思います。



クライミング選手を目指す子どもたちが増えている中、現役を引退した私自身、明確に道を示してあげることはできずにいます。スポーツ選手のかっこよさを描く物語はたくさんありますが、アスリートとして生きる葛藤や引退後の人生、スポーツマネージメントを描く物語はなかなかないと思います。主人公・新町の生きる姿が、これからアスリートたちが自らの人生を考える時の手助けになってくれると期待しています。



また、スポーツに打ち込んできたアスリートに限らず、まっさらな状態から何か新しいことを始める人や、ひたすら目の前のことに打ち込む人に勇気をくれるドラマだと感じました。
カテゴリ