女子プロサッカー・仲田歩夢『オールドルーキー』でドラマデビュー「なにかの間違いだと思いました!」

女子プロサッカー・仲田歩夢『オールドルーキー』でドラマデビュー「なにかの間違いだと思いました!」

 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(毎週日曜 後9:00)の第4話(24日放送)に女子プロサッカー選手・仲田歩夢がゲスト出演することが決定した。今作がドラマデビューとなる。



【写真】”新町”綾野剛がラストチャンスに挑む



 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。



 FIFA U-17女子ワールドカップへの出場経験がある仲田は、昨年開幕した日本女子プロサッカーリーグ「大宮アルディージャVENTUS」に所属している現役のプロサッカー選手。背番号が新町と同じ「13」で、奇しくも共通点がある。第4話でどのような登場をするかは、放送で明らかとなる。



<仲田歩夢>

ドラマ出演のお話をいただいたときは、なにかの間違いだと思いました! とにかく驚きました! サッカー選手のセカンドキャリアを描いている内容だったり、新町選手の背番号が私と同じ13番だったりと、私自身とても縁を感じたのでお話を受けさせていただきたいと思いました。



第1話からドラマを拝見させてもらって、私たちアスリートとリンクする部分は多くあると思いました。実際に私も引退後のビジョン、自分の将来について考えるようになったのはここ何年かです。もちろん、サッカーを生活の中心に置きつつ、サッカーだけをしている生活では自分の今後のキャリアに繋がらないな、とも思っています。このドラマをきっかけに何かを感じたアスリートも少なくないと思いますし、アスリートではない視聴者の皆さまにもプロ選手がプロ選手であり続ける厳しさを知ってもらうきっかけになったと思います!



このような題材のドラマに関わることができたことをうれしく思います! ドラマの撮影はいままで経験したことがなかったのでとても緊張しましたが、楽しく貴重な時間でした。それも、出演者やスタッフの皆さまが優しくフォローしてくださったおかげです。私自身も放送をとても楽しみにしています!
カテゴリ