ジョニー・デップが実在の刑事を演じる『L.A.コールドケース』は「勇気ある映画」

ジョニー・デップが実在の刑事を演じる『L.A.コールドケース』は「勇気ある映画」

 ハリウッド俳優ジョニー・デップが主演する映画『L.A.コールドケース』(8月5日公開)の新たな場面写真と海外版予告編が解禁された。本作は90年代アメリカのヒップホップ・シーンを代表する二大カリスマ“2PAC”と“ノトーリアス・B.I.G. (ビギー)”が暗殺された実在の未解決事件を題材に、ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーが共演するクライム・サスペンス。



【動画】ノトーリアス・B.I.G.の曲が印象的な海外版予告



 写真家のユージン・スミス(『MINAMATA-ミナマタ-』/2020年)や「ピーターパン」の作者ジェームス・マシュー・バリ(『ネバーランド』/04年)、「アメリカで最低の映画監督」と呼ばれたエド・ウッド(『エド・ウッド』/1994年)、はたまた「社会の敵ナンバーワン」と呼ばれたジョン・デリンジャー(『パブリック・エネミーズ』/09年)など、これまで実在の人物を演じることも多かったジョニー・デップ。本作でもラッセル・プールという生涯をかけてロス市警の汚職を追い続けた実在の刑事を演じている。



 今回解禁された新たな場面写真は、陰謀に隠された事件の真相を明らかにしようと奮闘するプールの姿が印象的。あわせて解禁された海外版予告では、ノトーリアス・B.I.G.の楽曲「You're Nobody (Til Somebody Kills You)」が使用されている。



 ロサンゼルス市警の汚職を題材にした作品でる本作は、公開までに紆余曲折があった。ジョニー・デップは公開まで時間がかかったことに関して、「残念ながらいろいろな要素があったと思います。それにはロサンゼルス警察とその広大な背景が関係するでしょう」と、事件から20年以上が経った今もなお、この事件の闇の深さをうかがわせるコメントをしている。また、本作についてジョニーは「勇気ある映画だ。皆さんがこの映画を見て、正義を求めてくれたらと思う」とも語っている。

カテゴリ