『六本木クラス』話題性“満点”ながら満足度は5位、“原作忠実再現”に賛否割れる結果に「完全再現していてすごい」「日本ならではの良さがない」

『六本木クラス』話題性“満点”ながら満足度は5位、“原作忠実再現”に賛否割れる結果に「完全再現していてすごい」「日本ならではの良さがない」

 7月期の新ドラマが続々とスタートしているなか、最新のドラマ満足度(7月5日~7月11日放送を対象)を調査。永野芽郁主演『ユニコーンに乗って』(TBS系/火10)と、坂口健太郎と杏がW主演を務める『競争の番人』(フジテレビ系/月9)が、それぞれ初回放送で61Pt(100Pt満点中)を獲得。1位にランクインした。放送前から大きな話題を呼んでいた竹内涼真主演『六本木クラス』(テレビ朝日系/木9)の満足度は43Ptで、5位という結果に。Netflixで大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版リメイクだけに、原作ファンはじめ、視聴者の反応は賛否が大きく分かれているようだ。



【ランキング表】7月期ドラマ続々スタート、テレ東作品も続々TOP10入り…気になる順位



 TBS系火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』は、スタートアップ企業の若き女性CEOを中心に、“おじさん部下”の元サラリーマンら個性的なメンバーとともに、夢に突き進んでいく大人の青春物語が描かれる。自ら起業したスタートアップ企業のCEOを演じる永野芽郁と、地方銀行から転職してきた48歳の新人を演じる西島秀俊の掛け合いも、見どころとなっている。



 初回満足度の内訳(20Pt満点)をみると、まだ初回放送ということで様子見の視聴者が多いせいか、「主演」6Pt、「主演以外」13Pt、「内容」5Ptと作品についての評価は伸び悩んだが、「視聴量」が19Pt、Twitterの「話題性」が18Ptと高ポイント。視聴者からは「おじさん頑張れ」(50代男性)、「ネット社会に疎い中年サラリーマンの物語展開が面白い」(40代女性)、「面白い設定」(10代女性)、「おじさんを応援したくなる」(20代女性)などと、今後の展開に期待を寄せる声が多かった。



 一方、フジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』は、不正な手段で利益を生もうと画策する企業の不正を見破り、フェアな市場を提供する公正取引委員会を舞台にした内容。天才で理屈っぽくひねくれ者の職員(坂口健太郎)と、実直で感情のままに行動する元刑事(杏)の凸凹バディが物語を展開する。



 初回満足度の内訳は、「主演」7Pt、「主演以外」13Pt、「内容」8Pt、「視聴量」16Pt、「話題性」17Ptだった。視聴者からは、「公正取引委員会の仕事がわかって興味深い」(20代女性)、「演技派揃いのキャストが楽しみ」(30代女性)、「新鮮なドラマだった」(50代男性)など、好印象の声が寄せられていた。



 韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版リメイク『六本木クラス』は、「話題性」20Ptと満点を獲得したが、総合の満足度は43Ptで、5位という結果に。原作ファンからは、「本家の再現度が高い」「思いのほか忠実に再現されていてびっくりした」「ホントに完全再現していてすごいと思った」といった声が上がっていた一方で、「原作には劣る」「韓国版のリメイクすぎる」「日本ならではの良さがない」「もう少しオリジナルのストーリーに変えても良いかも」といった意見も。



 また、『梨泰院クラス』では1話あたり1時間超の全16話だったが、本作では全13話の予定ということもあり、ストーリーの展開スピードが早いことも話題に。『梨泰院クラス』を観ていない視聴者の反応は、「原作は未視聴だけどよかった」「原作は知らないので素で楽しめる」といった意見から、「ストーリーの展開が急すぎてついて行けなかった」「原作を知らないので、内容がいまいち分からなかった」という感想まで、原作ファン同様、賛否が分かれる結果となった。そういった点でも、「話題性」では今期一番と言えそうだが、2話目以降の満足度の動きにも注目したい。



●「ドラマ満足度ランキング」とは

「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。
カテゴリ