『ダイの大冒険』物語がクライマックス 2代目の重圧経て種崎敦美&豊永利行「大魔王に挑みたい」

『ダイの大冒険』物語がクライマックス 2代目の重圧経て種崎敦美&豊永利行「大魔王に挑みたい」

 アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(テレビ東京系 毎週土曜 前9:30~)第87話のあらすじ&場面カットが公開された。物語がクライマックスに突入したことを記念して、キャストよりコメントが寄せられた。



【画像】最強技繰り出す!大魔王がガチ切れ 公開された場面カット



 第87話「勝負をかけた攻撃」は、光の闘気をまとったヒムはミストバーンの天敵ともいえる存在だった。闘魔滅砕陣を打ち破り、これまで誰もダメージを与えられなかったミストバーンを怒涛の攻撃で追い詰めていく。一方ダイも、バーンを相手に優位な戦いを展開していたが、大魔王の気迫に気圧されつつあった……。どことなく不穏な空気が漂うなか、バーンはカイザーフェニックスと光魔の杖の同時攻撃を仕掛けてくる。はたして、それぞれの戦いの行方は!?



 ついに大魔王バーンとの戦いに突入し、物語はクライマックス。そんな熱い展開のラストへ向けて、ダイ役の種崎敦美、ポップ役の豊永利行からコメントが到着した。



■ダイ役 種崎敦美コメント

 ドラゴンクエスト ダイの大冒険」を応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。この大冒険が、皆様の心に届きますよう、いつまでも皆様の中に残り続けますよう、100話まで、キャスト・スタッフみんなで、全力で駆け抜けます!その最後の瞬間まで、ダイくんたちの大冒険を見守っていてください。どうぞよろしくお願い致します!



■ポップ役 豊永利行コメント

 毎週、ダイの大冒険を楽しくご覧いただいている皆様、いよいよクライマックスです。

長い様であっという間の2年間でした。「2代目ポップ」という大きな期待とプレッシャーに、逃げ出したくなる気持ちが無かったと言えば嘘になる。



 そのくらい大きな喜びと重責を抱えて臨んだ僕の目の前には、緑色の勇気を光らせ、逃げずに強敵に立ち向かう彼の姿と、共に勇者を支える仲間達、そして苦悩しながらも自らの勇者を作り上げる“ダイ”と“種崎さん”の姿がありました。恐らく誰よりも、僕自身がポップという人物に教えられながら、支えられながら、共に成長させてもらえたのだと思っています。



 僕も勇気を振り絞り、「自分にしか出来ないポップ」を演じ切るために、全力で臨みたい。結果がどうあったとしても、彼に対するこの気持ちに嘘はありません。多大なリスペクトと共に、大魔王に挑みたいと思います。皆様もどうか「心をひとつに」応援していただけたらうれしいです。



 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。
カテゴリ