韓国で人気爆発! ソン・ソックの魅力あふれる“見逃し厳禁”作品3選【ハングクTIMES】

韓国で人気爆発! ソン・ソックの魅力あふれる“見逃し厳禁”作品3選【ハングクTIMES】

 こんにちは。韓国在住の編集ライター二俣愛子です。韓国で今ホットな俳優と言えば、まず名前が挙がる人物がソン・ソック!今年7月13日に韓国で放送されたMnetのバラエティ番組『TMIニュースショー』では、「ファン心を揺るがした有罪人間 BEST8」で、コン・ユさん、パク・ボゴムさんを抑えて堂々の1位を獲得。テレビコマーシャルにも多数出するなど、今ここ韓国での勢いがすごい!



【写真】”大人の色気”あふれる…ソン・ソック見逃し厳禁3作



 今回は、そんな大人気のソン・ソックの魅力が存分に楽しめる、絶対に押さえておきたい出演3作『私の解放日誌』『最高の離婚~Sweet Love~』『犯罪都市2』をご紹介いたします。



■ドラマ『私の解放日誌』



 田舎に暮らす3姉弟がそれぞれの幸せを求めて蘇生する物語を描いた本作。ソン・ソックは、3姉弟の実家で働く謎の男性、ク氏を演じています。



 日々何かに耐えて生きる3姉弟の末っ子のヨム・ミジョンが、徐々に心を許していく相手。ひょんなことから彼女の秘密を共有することになったク氏も、彼女との交流によって無色だった日常に少しずつ色が差していきます。



 韓国ドラマの“いわゆるラブコメ”な雰囲気では決してないけれど、不器用でぶっきらぼうで、どこか影がある似た者同士の2人が、思いを伝える瞬間はとてもストレートでぐっと来ます。



 本作は、韓国では“人生ドラマ”(=人生のなかで一番のドラマなどという意味で訳される)として必ず名前が挙がる『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~(韓国語タイトル:私のおじさん』の脚本家、パク・へヨンさんの最新作というのも見逃せないポイントです。ジェットコースターのような展開はないけれど、平凡だからこそリアル。共感できる要素もたっぷりで韓国でもハマる人が続出しています。



▼配信情報

Netflixシリーズ『私の解放日誌』独占配信中



■ドラマ『最高の離婚~Sweet Love~』



 日本のドラマ『最高の離婚』のリメイク作。ソン・ソックは、綾野剛が演じた上原諒役に当たるプレイボーイなイ・ジャンヒョンを演じています。ソン・ソックはこの作品について自身のインスタグラムで「みんなにとって本当に本当にすばらしい冒険になるはず」とコメントするなど、熱のこもった作品になった様子。また、綾野剛のポスターの前でうれしそうにポーズを決めたお茶目な写真もアップされています。



 本作では『私の解放日誌』でも共演のイエルと夫婦役を演じていて、私生活での恋のうわさもありました。ちなみに主演のぺ・ドゥナとも噂になるなど、プライベートでもモテ男っぷりを発揮!?



 また、プレイボーイなイ・ジャンヒョン(ソン・ソック)が、本命の妻(イエル)を再び振り向かせるために頑張る姿と、いちゃいちゃなシーンのギャップに萌えます。『私の解放日誌』との役柄の差も楽しめるはずです。



▼配信情報

U-NEXTで配信中



■映画『犯罪都市2』



 韓国で今年5月18日に公開になった本作は、映画『パラサイト』以来3年ぶりとなる観客1000万人を突破。これは歴代28作目と言う快挙です(韓国作品では20作目)。前作に引き続き大ヒットを記録中で、実際に私の周りでも「めちゃくちゃ面白かった!」という声を多く聞きます。



 韓国でソン・ソックと言えば悪役のイメージが強いのですが、本作ではベトナム一帯を牛耳る歴代級の犯罪者カン・へサンを演じていて、そんな彼の魅力が爆発しています。役作りのために10キロ増量して鍛え上げたそうで、インスタグラムでもバキバキに割れた腹筋を披露。



 公開後、韓国では「ドラマ『私の解放日誌』のク氏の過去がついに公開された」なんていう声も挙がっていましたよ。



■39歳、遅咲きのブレイク俳優!



 ソン・ソックは、1983年生まれの39歳。スクリーンデビューは2016年に公開された映画『ブラックストーン』で当時32歳という遅咲きです。



 また、シカゴ芸術大学出身の芸術肌でありながら、バスケットボール選手を目指していた過去があったり、工作機器製造メーカーである株式会社GOMTの社長という肩書も持っているなど、知れば知るほどに気になる存在。現在は、ドラマと映画で5作品の公開を控えているそうで、今後の活躍からも目が離せそうにありません。
カテゴリ