ルフィ役・田中真弓、締めのあいさつ2度失敗 一味が総ツッコミ…言い間違いに照れ

ルフィ役・田中真弓、締めのあいさつ2度失敗 一味が総ツッコミ…言い間違いに照れ

 人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)のワールドプレミアが22日、東京・日本武道館で開催された。声優キャスト・監督計16人が集結し、観客4000人を盛り上げた。



【動画】『ONE PIECE』声優が名セリフ生披露!日本武道館に集結



 イベントに登場したのは、田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、、矢尾一樹、チョー、宝亀克寿、名塚佳織、池田秀一、津田健次郎、山田裕貴、霜降り明星(粗品、せいや)、谷口悟朗監督。



 今作の物語のメインとなるキャラクターは、シャンクスとシャンクスの娘・ウタ。映画において中心人物として描かれるのが初となるシャンクスを演じた池田は「テレビアニメでは何年に1回しか出ないので、油断していました。『FILM RED』ですから、僕にとっても事件でした!」と驚き。



 シャンクスとウタの過去を知る人物であるゴードン役の津田は「池田さんとご一緒に収録できたことがうれしかったです。興奮しましたし、25周年の作品に出演できて光栄でしたし、プレッシャーもありました」と打ち明けた。



 キャストそれぞれが作品を語り、最後はルフィ役の田中のあいさつで締めくくることになったが、「『ONE PIECE FILM RED』開幕だー!」を「出航だー!」とまさかの言い間違い。



 それが2度続き、キャストたちからツッコミが入り照れる田中は「圧がすごくて…。『開幕だー!』ね。よし…『ONE PIECE FILM RED』開幕だー!」と3度目の正直で成功させ、会場を笑わせた。



 シリーズ15作目、原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。



 素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメ『コードギアス』シリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

カテゴリ