吉高由里子、テレ朝連ドラ初主演で北村匠海と“10歳差恋愛” 『星降る夜に』来年1月スタート

吉高由里子、テレ朝連ドラ初主演で北村匠海と“10歳差恋愛” 『星降る夜に』来年1月スタート

 俳優の吉高由里子が、2023年1月にスタートするテレビ朝日系連続ドラマ『星降る夜に』(毎週火曜 後9:00)の主演を務めることが発表された。吉高が同局の連ドラで主演を務めるのは初めてで、相手役は北村匠海に決まった。



【写真】ドキッ!ざっくり肩出しドレスで色気漂わせる吉高由里子



 吉高は、テレビ朝日のドラマでは、ゲスト出演した『時効警察』、『PS -羅生門-』(ともに2006年)以来、約17年ぶりの凱旋となる。また北村は、昨年の同局連ドラ『にじいろカルテ』でいじられキャラの看護師役を演じたが、今回は大人のピュア・ラブストーリーに真っ向から挑む。



 のどかな海街の病院で働く産婦人科医・雪宮鈴(35歳/吉高)と、生まれつき聴覚を持たず、音のない世界で生きながらも、遺品整理士として働く柊一星(25歳/北村)という“命のはじまり”と“命の終わり”をつかさどる2人が、ひたむきな10歳差恋愛を育んでいくストーリー。



 脚本を手がけるのは、吉高が主演を務める2024年放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』の執筆も決定している大石静氏。『セカンドバージン』(2010年、11年)や『大恋愛~僕を忘れる君と』(2018年)、『あのときキスしておけば』(2021年)など珠玉のラブストーリーを次々と生み出してきた名手が、令和の恋愛ドラマに新たな歴史を刻む。



 理屈や常識、世の中にはびこるさまざまな既成概念をすべてひっくりかえす、純度120%の本能を恋を描かれ、新たな価値観をもたらすヒューマンドラマとなる。



■大石静(脚本) コメント

2021年4月期に放送した『あのときキスしておけば』の台本を執筆している頃、貴島プロデュ―サーから、この企画をやらないかというお話をいただきました。貴島Pは学生時代に手話サークルに所属されていた経験があり、長い間温めてこられた企画だそうです。私もそれから取材をしたり、音のない世界を経験したりしながら、一緒に物語を作ってゆきました。

当たり前の価値観の向こう側にあるかもしれない“真実”を求めて、ドラマを作っているのだと、私は常日頃から思っています。このドラマは産婦人科医の女性と、遺品整理士の青年のラブストーリーですが、青年は音のない世界に生きているからこそ、逆にのびやかで、感情豊かで、自由な魂の持ち主です。固定観念を鮮やかに飛び超える、10歳年下の青年との出会いによって、ヒロインも閉ざしていた心を次第に解放させ、自分らしさを取り戻してゆきます。



吉高由里子さんとは2度目の連ドラで、この先、大河ドラマもご一緒する予定ですが、彼女は美貌で華やかなだけでなく、孤独な心を胸にしみるリアリズムで表現できる稀有なる女優さんです。この閉塞した時代を生きる“出来る女の孤独”を、今回もしみじみと表現してくれると思います。平安時代に行くとしばらく戻って来られませんので、吉高さんの才能と素敵さを現代劇で思いっきり味わっていただきたいと思いながら書いています。



北村匠海さんとは初めての仕事ですが、『君の膵臓をたべたい』で彼を知った時の衝撃は忘れられません。色っぽさと透明感が同居していて、シビレました。あの映画の頃よりずっと大人になった北村さんが、今回、強気でわがままで、一直線で、既成の価値観を軽々と越えて行く聾の青年を、どのように演じてくれるのか、楽しみにしています。



“命の始まりと終わり”を司る産婦人科医と遺品整理士の、星降る夜の宿命の出会い、そして恋。テレビ朝日火曜9時の“新枠”ということで、2023年幕開けにふさわしい記念すべきドラマとなるよう、頑張ります。このドラマが提示する新しい価値観が、日本の中だけでなく、国境を越えて世界中の方に届くことを祈りながら…。



どうぞ、ご期待下さい。
カテゴリ