EXILE NAOTO、地元所沢でライオンズ始球式に挑戦 “WILD”なユニ姿で107キロノーバン投球

EXILE NAOTO、地元所沢でライオンズ始球式に挑戦 “WILD”なユニ姿で107キロノーバン投球

 ダンサー・俳優のEXILE NAOTOが22日、埼玉県所沢市のベルーナドームで行われたプロ野球『西武ライオンズ×楽天ゴールデンイーグルス』でセレモニアルピッチを行った。



【写真】躍動感あるフォームでストレートを投げ込んだEXILE NAOTO



 同市出身でライオンズファンのNAOTOは、この日初日を迎えた夏の大型企画『ライオンズフェスティバルズ2022』のアンバサダーに就任。期間限定の「WILD WILD ユニフォーム」に身を包み、「子どもの頃によく通っていました」という本拠地のマウンドで初の始球式に挑んだ。



 右腕から力強いボールを見事ノーバウンドで投げ込み、「いい意味での緊張感と楽しむ気持ちが入り混じって一瞬で終わってしまいました。球速110キロを超えたかったんですが、107キロだったので、ぜひまたリベンジさせてほしいです!」 とはにかんだ。



 少年時代は“ミスターレオ”石毛宏典氏に憧れたと明かし、現役では森友哉選手に打撃に期待。「僕が子どもの頃はまさに西武ライオンズといえば常勝軍団のイメージが強いので、あの時のように今の選手の皆さんが優勝して胴上げする姿が見たいです!後半戦も選手の皆さんには優勝目指して頑張ってほしいです!」 とエールを送った。
カテゴリ