JO1豆原一成、劇場版『仮面ライダーリバイス』舞台あいさつにビデオメッセージ 熱い思いを語る「変身という夢がかなった作品」

JO1豆原一成、劇場版『仮面ライダーリバイス』舞台あいさつにビデオメッセージ 熱い思いを語る「変身という夢がかなった作品」

 俳優の前田拳太郎が23日、都内で行われた『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア』の公開記念舞台あいさつに登壇した。



【動画】JO1豆原一成との撮影エピソード告白で照れる前田拳太郎



 毎週日曜午前9時からテレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーリバイス』は、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が大切な家族を守るため、一輝自身に宿る悪魔のバイス(声:木村昴)と契約を結ぶことで、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身。人間と悪魔がバディを組んだ“一人で二人”最強コンビの仮面ライダーが戦う姿を描く仮面ライダーの生誕50周年記念作品。



 本作のゲストとして、大の仮面ライダーファンである豆原一成が大谷希望役で出演し、仮面ライダーキマイラへと変身している。残念ながら舞台あいさつは欠席となった豆原はビデオメッセージを寄せ、「きょうは行けなくて、本当に悲しいなと思っています」と無念の思いを語りながら「僕は仮面ライダーが大好きで、こうやって『仮面ライダーリバイス』の夏の劇場版に出させていただいて、スゴくありがたく思いました。仮面ライダーキマイラに変身できた。僕が昔から持っていた変身という夢がかなった1つの作品です」と本作への思いを打ち明けていた。



 そんなビデオメッセージを見た前田は「豆原くんも人見知りと言っていたんですけど、僕も人見知りで(笑)。でも、JO1の方に出ていただけると思って話しかけたくて、頑張って話しかけたんですけど、豆原くんも『仮面ライダーの方だ!』みたいな感じで頑張って話していて(笑)。2人とも頑張ってあわあわしながら話した」と懐かしむ。「お互い性格が似ているのかなと思って。もっと時間があれば、もっと仲良くなれたのかな。仮面ライダーが好きというのを、面と面で向かって伝えられるので、スゴく照れちゃいました」とやり取りを明かしていた。



 そのほか、前田拳太郎、日向亘、井本彩花、映美くらら、戸次重幸、ケイン・コスギ、坂本浩一監督も参加した。同時上映の『暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー』の舞台あいさつも行われ、樋口幸平、別府由来、志田こはく、柊太朗、鈴木浩文、石川雷蔵、姜暢雄、田崎竜太監督が出席した。

カテゴリ