阿部寛、「スター・アジア賞」受賞 英語スピーチでニューヨークの観客を沸かす

阿部寛、「スター・アジア賞」受賞 英語スピーチでニューヨークの観客を沸かす

 俳優の阿部寛が、米ニューヨーク、リンカーン・センターで現地時間の22日、「20周年記念ニューヨーク・アジアン映画祭(NYAFF)」で実施された映画『異動辞令は音楽隊!』のワールドプレミア上映に内田英治監督とともに登壇。同映画祭にて、阿部は過去にイ・ビョンホンやカン・ドンウォン、ドニー・イェンらに続く、アジアで最も活躍する俳優に与えられる「スター・アジア賞」 を日本人として初受賞。英語で堂々とスピーチした。



【動画】映画『異動辞令は音楽隊!』予告編



 全身黒のシャープなスーツと靴に、襟に何気ない光沢とポケットチーフをアクセントにした姿で映画祭に出席した阿部は、スター・アジア賞の受賞を受けて、英語で次のように語った。



 「どうもありがとうございます。この素晴らしい賞をいただけて本当にうれしく思っています。また、今世界が大変な時期に、こうしてニューヨークに来られて最高です。今日ここ、『ニューヨークアジア映画祭』に来てくださった皆さんの顔が見られて、今ものすごく幸せに思っています。それから、この映画祭に尽力くださったスタッフの皆さんにもお礼申し上げます。また、私のこれまでの作品に手がけてくださった、全ての監督、俳優の皆さん、スタッフの皆さんにもここで改めてお礼を言わせてください。本当にどうもありがとうございます」



 阿部が笑顔でスピーチを締めくくると、会場では割れんばかりの拍手が沸き起こった。
カテゴリ