日向坂46、櫻坂の“魂”を背負って熱唱 小坂菜緒「野外のライブってすばらしい」

日向坂46、櫻坂の“魂”を背負って熱唱 小坂菜緒「野外のライブってすばらしい」

 アイドルグループ・日向坂46が23日、山梨・富士急ハイランドコニファーフォレストで行われた『W-KEYAKI FES.2022』DAY3を開催した。欅坂46楽曲のカバーなど全21曲を披露し、放水や花火の演出、河田陽菜の誕生日を祝うサプライズなどでも盛り上がった。



【写真】河田陽菜の誕生日を祝福、欅坂46曲「カタミラ」カバーも



 『W-KEYAKI FES.』は櫻坂46と日向坂46の年に一度の合同野外ライブとして、DAY1とDAY3は日向坂46公演、DAY2とDAY4は櫻坂46公演が行われる予定だった。しかし、21日に櫻坂46のメンバー5人の新型コロナウイルス感染が判明し、櫻坂46の2公演が中止に。櫻坂46の“魂”と、同じく新型コロナ感染でライブを欠席した影山優佳の想いも背負ってのライブとなった。



 開演直前まで降っていた雨があがり、グループカラー空色のブレザーに白のスカートで登場した日向坂46は、改名前の欅坂46とけやき坂46時代の合同曲「太陽は見上げる人を選ばない」からスタート。無数のブルーやピンク、白の風船が大空に放たれた。



 夏らしいカラフルなミニスカートの新衣装に着替えて「キツネ」「君しか勝たん」などの人気曲をエネルギッシュに披露し、野外ならではの放水の演出でも夏気分を盛り上げた。



 MCでは加藤史帆が「きょうは何の日かわかりますか?」とメンバーに質問。キャプテンの佐々木久美が「土用の丑の日。うなぎを食べる日」とボケを挟みつつ、この日21歳の誕生日を迎えた河田陽菜をお祝い。ケーキが運ばれてくると、メンバーがバースデーソングを合唱して祝福し、河田は「今年も頑張ります。目標は、ケータイを見るときに眉間にシワを寄せないこと。いつも言われているので、気をつけたいと思います」と笑顔を見せた。



 期別のパフォーマンスでは、1期生が「影山優佳」とプリントされたタオルを回しながら「好きということは…」を披露。続けて「真夜中の懺悔大会」を歌い終えたあとには「カゲ~!」と声をそろえて影山に呼びかけた。



 2期生は黒ずくめの衣装で夕陽のような照明を浴びながら「世界にはThank you!が溢れている」を歌い、「恋した魚は空を飛ぶ」では気迫もこもったパフォーマンス。3期生はカラフルな衣装で「この夏をジャムにしよう」「ゴーフルと君」を歌い、ホースで振りまいた水の反射でキラキラとまぶしく輝いた。



 13曲目には「この『W-KEYAKI FES.』でしかできない、『W-KEYAKI FES.』だからこそできる、私たちの大好きで偉大な先輩方の曲を披露させていただきたいと思います」と佐々木キャプテンが切り出し、欅坂46の人気曲「語るなら未来を…」をカバー。齊藤京子センターでキレキレのダンスを披露すると、観客は欅坂46のグループカラー緑のペンライトを振って応援した。



 櫻坂46と日向坂46はもともと、改名前の欅坂46、けやき坂46(ひらがなけやき)時代の2017年・18年に、富士急ハイランドコニファーフォレストで野外ライブ『欅共和国』を開催していた。2019年2月、けやき坂46が日向坂46に改名して“独立”し、2020年10月には欅坂46が櫻坂46に改名。2021年に『W-KEYAKI FES.』と名称を変えた経緯がある。



 アンコールで齊藤は「最初の『欅共和国』から参加させていただいたなって思うと本当に感慨深いですし、毎年やらせていただけてうれしいです」としみじみ。「来年は櫻坂さんと影山優佳も全員で出られたらなって思います」と語った。



 昨年は活動休止中だった小坂菜緒は「去年は参加できていなかったので、初めてのケヤフェス参加になったんですけど、皆さんがタオルを掲げてくれたり、ペンライトを振ってくれたりして、野外のライブってすばらしいなって心の底から思いました」とにっこり。佐々木キャプテンが「小坂さんは皆さんがジャンプしてくれる姿が好きなんですよ。みんなが一緒に踊ってくれるのが好きなんだって」と言うと、ファンはその場でジャンプし、小坂やメンバーは「すごい!」「かわいい~」と喜んだ。



 全国アリーナツアー(4ヶ所計8公演)の発表などが行われ、最後の曲となった「日向坂」では、上手側のファンが日向坂46のグループカラーの空色、下手側のファンが櫻坂46のグループカラーの白、中央ブロックのファンが欅坂46のグループカラーの緑のペンライトを振った。1本の欅からそれぞれの道へと進んだ2グループを表現する光景にメンバーは大感激した。



 佐々木キャプテンは「ペンライト完璧でした!」と親指を立てると、「また来年、この場所でみなさんにお会いできるのをすごくすごく楽しみにしています。そのときまで私たちは力をつけて、魅力を増していきたいなと思います」と宣言。メンバーは盛大な打ち上げ花火を見上げながら「たまや~」「ひなちゃんお誕生日おめでとう」と笑顔の花を咲かせながら口々に叫んだ。



■『W-KEYAKI FES.2022』DAY3 セットリスト



01. 太陽は見上げる人を選ばない

OVERTURE

02. キツネ

03. 君しか勝たん

04. アザトカワイイ

05. 思いがけないダブルレインボー

06. もうこんなに好きになれない

07. 好きということは… ~ 真夜中の懺悔大会

08. 世界にはThank you!が溢れている ~ 恋した魚は空を飛ぶ

09. この夏をジャムにしよう ~ ゴーフルと君

10. 川は流れる

11. 飛行機雲ができる理由

12. 僕なんか

13. 語るなら未来を…

14. My fans

15. アディショナルタイム

16. NO WAR in the future 2020

17. 誰よりも高く跳べ!2020

18. 知らないうちに愛されていた

【アンコール】

EN1. ドレミソラシド

EN2. JOYFUL LOVE

EN3. 日向坂
カテゴリ