氷川きよし、18世紀フランスに時間旅行して“豪華6変化” マリー・アントワネット風ドレス姿に大反響

氷川きよし、18世紀フランスに時間旅行して“豪華6変化” マリー・アントワネット風ドレス姿に大反響

 歌手の氷川きよし(44)が23日、大阪・新歌舞伎座で『氷川きよし特別公演』をスタート。今公演で初めて時代劇ではない芝居に挑戦し、マリー・アントワネット風のロココ調ドレス姿での登場はひときわ大きな反響を呼んだ。



【写真多数】魅せた! マリー・アントワネット風ドレスなど氷川きよしの“豪華6変化”



 約1ヶ月間の東京・明治座公演を終えて来阪し、氷川は「一座のチームワークもバッチリ、さらにパワーアップしてお届けします」と心機一転張り切った。第一部の芝居「ケイト・シモンの舞踏会 ~時間旅行でボンジュール~」は、氷川が演じる若者が18世紀フランスにタイムスリップする感動ストーリー。ジャンヌ・ダルク風、メイド風、アルセーヌ・ルパン風、衛兵風、そしてマリー・アントワネット風など、豪華な6変化を披露した。



 第二部「氷川きよしコンサート2022 in 新歌舞伎座」では、「群青の弦」を皮切りに、「箱根八里の半次郎」「白雲の城」をはじめ、26日発売する原点回帰の股旅演歌「甲州路」をステージ初披露。「面影の都」や「大阪とんぼ」など大阪ならではの楽曲も交えて沸かせた。



 大阪に着くとなぜか「ホッとする」という氷川は、お気入りのたこ焼き店を3つ見つけたと明かし、毎日食べているという。「家でも作ってみるんですが、なかなか大阪のたこ焼きみたいにはならなくて、水を多くすると1時間2時間たっても固まらないんですよね。やっぱり本場の方に(作り方を)教えてもらおうかな」とはにかんだ。



 アンコールでは、白と黒のストライプのジャンプスーツに身を包み、ボサノバ風のアレンジを加えた「限界突破×サバイバー」をパフォーマンス。さらに、人気ゲームシリーズ最新作『信長の野望・新生』のエンディングテーマ「雷鳴」や、今回の舞台のために作られた第一部の主題歌「革命前夜」などを熱唱した。



 氷川は「この新歌舞伎座、博多座、御園座を絶対に大成功させたい」と責任感をにじませ、外食も控えていると言い、「私自身が“生きる魔除け”みたいな存在なので(笑)、千穐楽まで無事に務められるよう、こういう状況ではありますが多くの方にご来場いただきたいと思っています」と無事完走を誓った。



 8月5日まで同所で開催。その後、福岡・博多座(8月15日~8月27日)、愛知・御園座(9月5日~9月15日)と計4大都市をめぐる。
カテゴリ