『オールドルーキー』“新町”綾野剛が引退試合「まるで最終回」「泣けた」の声

『オールドルーキー』“新町”綾野剛が引退試合「まるで最終回」「泣けた」の声

 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(毎週日曜 後9:00)の第4話が、24日に放送された。



【写真】横浜DeNAの2軍選手を演じる板垣瑞生



 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。



 新町(綾野剛)は、未だに現役への未練が捨てられず毎日ランニングをしていた。その未練は日に日に募っていた。そんな新町の姿を見ていた妻の果奈子(榮倉奈々)は、ある行動に出る。



 そんな中、「ビクトリー」では梅屋敷(増田貴久)が横浜DeNAベイスターズ2軍選手の北芝謙二郎(板垣瑞生)に、マネージメント契約が間もなく終了することを告げていた。北芝はベイスターズに入団して6年目を迎えたが、ずっと2軍のまま。まだ24歳だが、待っていたのは今季限りでの戦力外通告だった。



 あっさりと北芝を見限ろうとする梅屋敷にいたたまれなくなった新町は、北芝の最後のマネージメントを名乗り出る。そして、彼と接するうちに、新町はある決意を固める。それは、自身の現役復帰。家族の理解も得て、新町は動き出す。そんな中、Jリーグの1チームだけ加入テストを受けさせてくれるという話が持ち上がり、新町はラストチャンスに挑むべく向かう。果たして…という第4話のストーリーだった。



 ラストチャンスとして、Jリーグ・湘南ベルマーレの加入テストを受けた新町だが、結果は不合格となり、現役復帰を諦める。しかし、若干の未練を残した姿を見かねた妻・果奈子の働きかけで“草サッカーでの引退試合”がセッティングされた。



 引退試合には、かつてのチームメイトやビクトリーの面々、さらに客席にはサポーターまで駆けつけた。現役時代を彷彿とさせるボレーシュートも決め、自ら花道を飾った新町は「これで燃え尽きることができました。サッカーに未練はありません」と涙ながらに引退のあいさつ。ネット上では「まるで最終回」「泣けた」「かっこよかったよ、パパ!」などの声が寄せられている。
カテゴリ