『相棒』杉下右京&亀山薫の再会シーンでクランクイン 寺脇康文「14年も経った感じがしない」

『相棒』杉下右京&亀山薫の再会シーンでクランクイン 寺脇康文「14年も経った感じがしない」

 俳優の水谷豊(70)と寺脇康文(60)がタッグを組む、テレビ朝日系連続ドラマ『相棒season21』(10月スタート、毎週水曜 後9:00)がこのほどクランクインを迎え、14年ぶりに2人が『相棒』の現場で再会した。



【写真】『相棒season7』時代の杉下右京&亀山薫2ショット



 先日、“初代相棒”を務めた亀山薫(寺脇)が、杉下右京(水谷)の“五代目相棒”として再び『相棒』に舞い戻ることが発表されると、ツイッターで関連ワードが多数トレンド入りするなど大きな話題となっていた。



 劇中で亀山は、不正が蔓延する国で「子どもたちに正義を教えたい」と、警視庁を辞め南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に渡り、それから2人は一度も顔を合わせることなく長い歳月が経過していたが、このたびついに再会。現場に登場した寺脇の、あまりにも変わらない“亀山薫ぶり”に、水谷も思わず「おー、亀山くん!」と笑顔で肩を抱き寄せた。



 スタッフを含めたその場の全員から寺脇へ「おかえりなさい」という温かい拍手がおくられ、右京と亀山が再会するという重要なシーンから撮影がスタートした。



 “あうんの呼吸”で進んでいく撮影に、思わず寺脇が「14年も経った感じがしないですね」と感想をもらすと、水谷も「ほんとに。亀山くんは2、3カ月サルウィンに行っていたって感じ(笑)」とうなずく。真剣な撮影の後、カットがかかると互いに顔を見合わせ笑い合うなど、14年の歳月をみじんも感じさせなかった。



 右京と亀山の邂逅(かいこう)で幕を開ける本作。いつもの英国紳士風スーツとは違い、フォーマルな装いの右京に対し、Tシャツにフライトジャケットが定番スタイルだった亀山も一風変わったたたずまいで登場する。2人はいったいどんな再会を果たすのか。



 右京と亀山の出会いは“プレシーズン”第1弾(2000年6月3日放送)にさかのぼる。捜査一課の刑事だった亀山が、偶然出くわした指名手配犯に人質にされる失態を犯し、“人材の墓場”とされる特命係に左遷された。その後、亀山は『相棒』が2002年10月からシリーズ化されて以降、足かけ9年、124話にわたって右京の相棒を務めた。
カテゴリ