夏休みの自由研究に!小学生から学べる、齋藤孝氏による初の“SDGsの本”が新発売

夏休みの自由研究に!小学生から学べる、齋藤孝氏による初の“SDGsの本”が新発売


実務教育出版は、齋藤孝氏による書籍『1日5分で未来が変わる! こどもSDGs大図鑑365』1,980円(税込)を7月21日(木)に発売した。

クイズで楽しく学べてフルカラーで読みやすい



「SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」とは、貧困や人種差別、環境破壊など、世界中の解決すべき地球規模の問題解決をめざし、国連が2030年までの国際目標として定めたもので、17の目標が定められている。


本書では、“1日1SDGs”をテーマに、クイズやうんちくを交えて「知るべき教養」×「できる行動」を紹介。1日1ページでSDGsの内容がわかるので気軽に読むことができ、齋藤氏によるわかりやすい解説とクイズやうんちくもあるので、楽しくSDGsを学べる。


小学生が一人でも読めるよう、本文中の漢字にはすべてふりがなつきで、全ページカラーで豊富な写真や図解も掲載されている。

飽きずに続けられる工夫や逆引き索引も



また、齋藤氏のナビゲートで1月~12月の各月ごとに日本に生息する絶滅危惧種が登場するので、飽きずに楽しく続けられそう。


さらに、各月の終わりには「読んだ!」「アクション」のチェックリストも掲載。

まずは読むことでSDGsについて理解し、知識だけで終わらず、具体的な行動へと導いてくれる。17の目標からの逆引き索引もあり、目標から調べることもできる。調べ学習や受験対策にも役立ち、中学受験の頻出テーマであるSDGsを学ぶのに最適だ。

教育家・齋藤孝氏によるSDGsの行動を掲載



著者の明治大学文学部教授・齋藤孝氏は、東京大学法学部卒、同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。『声に出して読みたい日本語』(毎日出版文化賞特別賞、2002年新語・流行語大賞ベスト10、草思社)がシリーズ260万部のベストセラーになり日本語ブームをつくった。他にも多数の著書があり、TBSテレビ「情報7days ニュースキャスター」等のテレビ出演や、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導などを手がけている。


編集担当の小谷俊介氏は、「本書の最大の特長は、“教育家・齋藤孝先生による親子ですぐにできる具体的なSDGsの行動内容”が掲載されている唯一のSDGs本ということです。SDGsは“知る+行動”でしか解決につながりません。知識や思考だけでは乗り切れない時代である今こそ、取り上げて頂く価値のある一冊と確信しています。」とコメントしている。

『1日5分で未来が変わる! こどもSDGs大図鑑365』を親子で読んで、地球規模の問題について一緒に考えてみては。

実務教育出版 書籍詳細ページ:https://jitsumu.hondana.jp/book/b606055.html
カテゴリ