岐阜県が献血者数増加に向け「献血いこうゼ!」を合い言葉にキャンペーンを展開中

岐阜県が献血者数増加に向け「献血いこうゼ!」を合い言葉にキャンペーンを展開中


岐阜県は、10代~30代の若年層の人々に献血を理解し、参加してもらうプロジェクト「未来へつなぐ献血プロジェクトぎふ」を始動!

岐阜県出身のタレント、古田愛理さんが“献血いこうゼ!”を合い言葉にキャンペーンを展開中だ。

「未来へつなぐ献血プロジェクトぎふ」


​​実施中のキャンペーンでは、若年層に“献血いこうゼ!”とカジュアルに呼びかけ、献血に関心を持ってもらうこと、献血に行くことが、“誰かのいのちにつながっている”ということが発信されている。

同プロジェクトでは、6月30日(木)に20歳の誕生日を迎えた、岐阜県出身のPopteen専属モデル・古田愛理さんが同年代を中心に献血を呼びかけている。

オリジナルクリアファイルをプレゼント


岐阜県内で献血ができる場所は、新岐阜献血ルーム、あかなべ献血ルーム、献血バス。これらの献血会場には、古田愛理さんの等身大パネルが設置されている。

また、7月中の「愛の血液助け合い運動」の期間に岐阜県内で献血した10代~30代の人には、古田愛理さんのオリジナルクリアファイルをプレゼントしてもらえる。献血ルームや献血バスの日程などの詳細は、岐阜県赤十字センターのホームページで確認しよう。

岐阜県出身の古田愛理さんが献血を呼びかけ!「未来へつなぐ献血プロジェクトぎふ」をチェックしてみて。

日本赤十字社 岐阜県赤十字センター:https://www.bs.jrc.or.jp/tkhr/gifu/index.html
「献血いこうゼ!」PR動画:https://youtu.be/JVc4q30Aags
カテゴリ