寺脇康文・福澤朗・神田愛花のドラフト旅が完結 白熱のバトルに終止符

寺脇康文・福澤朗・神田愛花のドラフト旅が完結 白熱のバトルに終止符

 BS日テレ「旅する水曜日」枠(毎週水曜 後9:00)では、27日に『選択!ドラフト対決旅』の後編を放送する。寺脇康文、福澤朗、神田愛花の3人が、利根川下流域の水郷三都(茨城県鹿嶋市、潮来市、千葉県香取市)で熱い火花を散らすが、ついに完結となる。



【番組カット】ドラフト会議で旅の行程が決まる新感覚バラエティー誕生



 プロ野球のドラフト会議形式で、3人それぞれが好みの旅プランを選択。グルメ、絶景、歴史…など、地元の方に聞き込みをしながら、自ら選んだ旅プランを制限時間内に実行する。「ドラフト会議」に運命を左右される三者三様の旅の行方、自分好みの旅を作り上げ、見事勝利をつかむのは誰だ。運と戦略が試される新感覚の旅番組となっている。



 ドラフト旅のルールは「旅の資金1万5000円を使い切る」「夜8時までに佐原駅に戻る」。前半戦では、同じ場所で旅を堪能する寺脇、聞き込みやレンタサイクルなどで効率よく旅をしていく神田、タクシー移動と徒歩でめぐっていく福澤という三者三様の魅力があふれるものとなった。



 後半戦でも「富士山を見ながら老舗銭湯」「水郷エリアを眺め天然温泉」「鹿島灘の魚を釣り上げろ」といったミッションを達成すべく、それぞれが奮闘。魚を釣り上げるミッションでは、かなりの苦戦を強いられる中、第4回のドラフトも終え、旅はいよいよ佳境を迎えていく。



 最後のドラフトも終え、この番組ならではの展開も待ち受ける中、タイムリミットの夜8時が刻々と迫ってくる。果たして、3人そろって佐原駅に到着するのか、そして誰が勝者となるのか。



 同局では、4月より「旅する水曜日」と題して、毎週水曜日の午後9時から“大人のプチ旅バラエティ”を編成。阿佐ヶ谷姉妹の『阿佐ヶ谷姉妹いいわね商店街』、タレントの久本雅美が、アシスタントの神田愛花、ゲストと飲みながら“本音トーク”を繰り広げる久本雅美のぶっちゃけ酒場』、京本政樹・柳沢慎吾・次長課長の河本準一による『京さま慎ちゃんの令和も飛ばすぜ!』、三上真史とゲストによる『麗しのガーデン散歩』、ANZEN漫才・みやぞんによる『みやぞんのにっぽん銭湯さんぽ』、ドランクドラゴン・塚地武雅の『ドランク塚地のふらっと立ち食いそば』が、これまで放送されていた。
カテゴリ