「もう甘えていられない」丹生明里、日向坂46の変化に“責任感” ソロ活動では声優業に意欲

「もう甘えていられない」丹生明里、日向坂46の変化に“責任感” ソロ活動では声優業に意欲

 日向坂46の二期生として今年加入5周年を迎え、7月26日には1st写真集『やさしい関係』を発売する丹生明里(21)。フロントメンバーへの抜てきや、特技のゲームを生かしたバラエティー番組への出演、自ら原案を務めたアニメの声優など、近年活動の幅を広げている丹生だが、20歳になった昨年から今年にかけて大きく成長し「もう甘えていられない」とグループの一員としての責任感が芽生えたという。メンバーの卒業や加入など、日向坂46も変化を迎えつつある今、丹生にグループとして、そして個人として進む道を聞いた。



【表紙一覧】キャミソール姿で髪をおろし…さまざまな表情を見せる丹生明里



■小坂菜緒の代打センターで自信「自分の色を出せたら」



――今年グループ加入5周年を迎え、夢だった東京ドームライブも実現されました。写真集も発売し、ご自身にとっても大きなポイントとなる年でもあると思うのですが、自分が成長したなと感じることはなんでしょうか。



【丹生】加入当時より自信をもってパフォーマンスができるようになりました。以前は不安だなという気持ちが大きかったんですが、今はすごく楽しいなと思いながらパフォーマンスできていると思います。



――自分の心境が変わったきっかけはあったのでしょうか。



【丹生】5thシングルの「君しか勝たん」から6thシングルの「ってか」の期間ですかね。「君しか勝たん」では2回目のフロントをやらせていただいて、あの当時に“変わらないと”という意識が生まれました。加藤史帆さんがセンターだったんですが、史帆さん以外のフロントがみんな二期生で、もう甘えていられないなと。これまでは、番組出演のときも一期生のみなさんがいるからと安心というか、心のどこかで先輩がいるから大丈夫だと言う甘えがあったと思うんです。でも、その時期くらいから三期生も入ってきて、いつまでも後輩をしていられないなと思うようになりましたし、責任感も芽生えはじめて、自分でもっとグループをいい方向に作り上げようっていう意識が大事だなと考えるようにもなりました。



――日向坂46での自分の役割が見つかったような感じ?



【丹生】これまでは、自分で引っ張っていくぞという気持ちすら持つ自信がなくて、“自分なんかが”という思いを持っていたんですけど、そうじゃないと気づきました。やっぱり一人一人が引っ張っていこうという気持ちを持っていないと成長しないと思い始めて、だったら自分も頑張ろうという気持ちになれました。



――休養していた小坂菜緒さんの代わりに、センターを務めることもありましたね。



【丹生】一番最初にセンターを務めた音楽イベントでは、怒られてしまうくらい全然ダメダメで…。センターって本当にすごいなと感じたんですが、去年のツアーでは、代わりっていう感じではなく、自分の色を出せたらいいんだなという気持ちになれて、それがきっかけで少しは自信がついたのかなと思います。



――先輩や後輩に対する言動も変わりましたか?



【丹生】相談とかしやすいですし、ダンス練習でも、二期生が「ここってこうですよね」とか「ここ揃ってないですよね」とか意見を少しずつ言えるようになっているのを感じてうれしいです。



■『ひなあい』でオードリー春日のひいきには「感謝しかない」



――日向坂46では四期生オーディションも始まっていますが、新しい風が入ってくることにはどんな心境でしょうか。



【丹生】すごく楽しみです! きっと四期生のみんなを見て、改めて初心を忘れてはいけないなと感じると思うので、もっといい方向にグループが変わったらと思います。



――後輩も入ってくる中、先月は同期の渡邉美穂さんの卒業セレモニーも行われました。丹生さんは特に「カラーチャート」としてユニットも組んでいますし、おなじ埼玉県出身ということで特に仲が良かったそうですが、ふと思い出してしまうことはまだある?



【丹生】ダンスのリハサールで、この瞬間目があっていたんだよなとか、ここに美穂の後ろ姿があったんだなと思うことはやっぱりあって、まだ寂しさは感じてしまいます。



――寂しさはまだ残りつつ、卒業から少し経ち、新たに思うことはありますか。



【丹生】グループにとっても、すごく大きい存在だったので、ぽっかり穴が空いてしまったという気持ちもあるんですけど、だからといってグループとしてレベルが下がってしまうのは違うなと思うので、これまで以上にパワーアップしていきたいと思っています。



――現在はソロでの活動の幅も広がってきましたが、今後の目標は?



【丹生】今は声の仕事も一生懸命頑張りたいなと思っています。いざ自分の声を聞いたりすると「ああ、なんなんだよ」と落ち込むこともあるんですが、自分が声で心を震わされたように、いつか私も誰かの心に感動を届けられる存在になりたいです。原案を担当したアニメ『みんなのまめお』で声優もしているんですが、毎回の反省点はありつつ、表現することがとても楽しいです!



――最後になりますが、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)でMCを務めているオードリー・春日俊彰さんの“推しメン”と言われている丹生さんですが、写真集は見せられましたか?



【丹生】まだなので、ぜひ見ていただきたいとは思いますが、どういう気持になられるのかなと…(笑)。お父さん目線なのかな? でも、丹生ちゃんらしいねって言ってくれるとうれしいですけど、ちょっと恥ずかしさもあります。



――推されていることには実際どう思われているのでしょうか(笑)



【丹生】そう言っていただけて、番組で取り上げてくださるのはうれしいのですが、どう反応したらいいのか分からないときもあります(笑)。でも、そういう立ち位置を作ってくれた春日さんには感謝しかないです。



■丹生明里プロフィール

2001年2月15日生まれ 埼玉県出身 AB型 身長156.6センチ

2017年に「けやき坂46」の二期生としてデビュー。日向坂46へのグループ改名後、「ドレミソラシド」「君しか勝たん」「ってか」でフロントメンバーを務めた。原案を手掛けたアニメ『みんなのまめお』は、テレビ朝日系『お願い!ランキング presentsそだてれび』(月~木 深0:45~1:20 ※関東ローカル)内で放送され、声優も務めている。
カテゴリ