どこを切り取っても絵になるウォン・カーウァイ作品の世界 4Kレストア版予告編

どこを切り取っても絵になるウォン・カーウァイ作品の世界 4Kレストア版予告編

 香港の名匠ウォン・カーウァイ監督作品を4Kレストアするプロジェクトにより、鮮やかによみがえった『恋する惑星 4K』『天使の涙 4K』『ブエノスアイレス 4K』『花様年華 4K』『2046 4K』が、8月19日から東京のシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン池袋、立川シネマシティほか全国で順次公開される。このたび5作品をまとめた予告編が解禁となった。



【動画】「WKW 4K」予告編



 『恋する惑星 4K』より、ブリジット・リン演じる謎のドラッグディーラーが放つ銃声からスタートし、5作品それぞれの印象的な場面が次々に登場。瑞々しい魅力にあふれるフェイ・ウォンや凛とした美しさが目を引くマギー・チャンの姿など、どこを切り取っても絵になるウォン・カーウァイ作品の世界に一瞬で引き込まれていく。



 中でも、『ブエノスアイレス 4K』のパートでは、レスリー・チャンとトニー・レオンの佇まいから尋常ではない色気が! 切ない物語の後半で希望の光のように登場するチャン・チェンとトニーがハグする場面も見ることができる。



 そして、最後には「愛がすべて 人生はタイミングの問題だ」というウォン・カーウァイ監督の言葉で締めくくられる。この言葉は、ウォン・カーウァイ映画に共通するストーリーの核の部分でもあり、かつ、映画を観る方々とウォン・カーウァイ映画の関係を物語っている深い言葉だ。

カテゴリ