アニメ映画『DC がんばれ!スーパーペット』鈴村健一、中村悠一ら吹替キャスト発表

アニメ映画『DC  がんばれ!スーパーペット』鈴村健一、中村悠一ら吹替キャスト発表

 「トムとジェリー」のワーナー・ブラザースによる新作アニメーション映画『DC がんばれ!スーパーペット』(8月26日公開)の日本語吹替キャストが追加発表された。2匹のモルモット、キースとマークを鈴村健一と中村悠一が演じる。



【動画】『DC がんばれ!スーパーペット』日本語版予告



 人間のいない間に、かわいいペットたちが、突然スーパーパワーを手に入れたら!? 急にはパワーを操れないちょっとドジなペットの犬、ブタ、カメ、リスたち。世界征服を狙うあざとかわいい子猫とモルモットたちにさらわれた“ご主人様”を救い出すため、最強の敵に立ち向かう。これまでに、日本語吹替版での楠大典、高木渉、魏涼子、松岡茉優、松尾駿(チョコレートプラネット)、市川ぼたん、梶裕貴らの配役が発表されている。



 鈴村が演じるのは、世界征服を企むモルモット・ルル(魏)の手下で、”瞬間冷凍・製氷パワーを使う“瞬間冷凍モルモット、キース。中村は、キースと一緒にルルの手下になり、”火を吐く“火炎ブースターモルモット、マークをそれぞれ演じ、スーパーペットの前に立ちはだかる。



 鈴村は「DC作品に参加できるのは光栄だと思いました。動物も大好きですし(笑)。自分の子どもにも観せたいです」。中村は「何気に人間をやる機会は多くとも動物役は少ないので楽しみにしていました! 全員同時には収録できないので、個性的なキャラクターが数多く出てくる中、ほかの登場キャラとの住み分けを意識しました」とコメント。



 ちなみに鈴村は「ずっと犬と暮らしてます。今も横で寝ております。癒やされるだけでなく、純粋に生きる姿から力をもらっています」。中村も「本当に小さいころ、拾ってきた野良猫を勝手に納屋で飼っていましたが、気付いたら居なくなっていました…。言葉は通じませんが、小さかった自分には数少ない友達の一人だったんだなぁと思います」と、思い出を明かしている。



 本作には、DCキャラクターたちも多数登場する。スーパーマンの吹替は、山野井仁、バットマン(オリジナルはキアヌ・リーブスが担当)は山寺宏一、ワンダーウーマンは宮島依里、フラッシュはランズベリー・アーサー、グリーン・ランタンは小若和郁那、アクアマンは菊池通武、サイボーグは武内駿輔。



 さらに「スーパーマン」に登場する人気キャラクターたちの姿も。ロイス・レインは佐古真弓、天才的な科学者でありスーパーマン最大の宿敵であるレックス・ルーサーは山路和弘、そのレックス・ルーサーの秘書マーシー・グレイブスは朴ロ美が吹替を担当する。

カテゴリ