生田絵梨花、『映画かいけつゾロリ』新作のヒロインに 声と歌で特別出演

生田絵梨花、『映画かいけつゾロリ』新作のヒロインに 声と歌で特別出演

 1987年に誕生し、小学生に絶大な人気を誇る児童書「かいけつゾロリ」シリーズが今年で35周年を迎える。その記念すべき劇場版アニメ最新作『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』(12月9日公開)に、ゾロリがプロデュースするスターの卵・ヒポポの声と歌で、生田絵梨花が出演することが発表された。



【画像】人気キャラクターが大集合したポスタービジュアル



 原作者の原ゆたか氏や制作サイドから、多くのミュージカル作品に出演し、高い歌唱力が評価されている生田にラブコールがあり実現。生田も「かいけつゾロリは小学生のとき全巻読んでいたくらい大好きだったので、大人になってこんなご縁がいただけるとは夢にも思わず、とてもうれしいです! 自信を無くしているヒポポが夢に向かって仲間と共に成長していく姿を通して、少しでも皆さまに元気や勇気を届けられたらうれしいです」と、意気込みを伝えている。



 いたずらの王者をめざすキツネのゾロリが双子のイノシシ・イシシ&ノシシをおともに旅をしながら、行く先々で大活躍する冒険劇「かいけつゾロリ」。本作は2019年に発売された「かいけつゾロリ スターたんじょう」をベースに映画オリジナルストーリーとして再構成。テレビシリーズの人気キャラクターも総出演すっる映画オリジナルストーリー。



 愛すべきヒーロー・ゾロリの活躍はもちろん、スターを目指す女の子・ヒポポの勇気と友情の成長物語を彩る、楽しくて、胸が熱くなる数々の劇中歌はすべて本作のために創作され、歌詞は原作者の原氏、作曲はテレビシリーズの主題歌を手がけるアニメ音楽の大家・田中公平が担当した。山寺宏一、愛河里花子、くまいもとこ、梶裕貴ほかレギュラー声優陣も出演する。



 今回解禁されたポスタービジュアルに描かれているのは、華やかなステージ。歌うヒポポと踊るイシシ&ノシシをプロデュースするゾロリをメインに、ビート、妖怪たち。そして、初の映像解禁となる特報では、ゾロリとヒポポの運命的な出会いが映し出される。ゾロリがヒポポをスターにするために、一体どんな物語が繰り広げられるのか、どんなエンタテインメントになるのか、今回の映画での新たな「かいけつゾロリ」に期待が高まる仕上がりだ。

カテゴリ