中村倫也、新たな“ツッコミ”開眼で絶賛の嵐 「いちごぱんつ」がトレンド入りも

中村倫也、新たな“ツッコミ”開眼で絶賛の嵐 「いちごぱんつ」がトレンド入りも

 俳優の中村倫也(35)が、26日放送TBS『バナナサンド』SP(後7:00)に出演。ドラマ『石子と羽男』で主演を務める中村は、演技をしていく中で「ツッコミがうまくなりたい」という思いを告白し、バナナマン&サンドウィッチマンに相談した。



【写真14枚】息ぴったり?お揃いポーズの有村架純&中村倫也



 中村自身、自らのまったりした会話のテンポ感が、スパッとしたツッコミに不向きだと分析。そこで、サンドの伊達みきおがツッコミ術を伝授することになり、切れ味の鋭いツッコミを必要とするドラマのワンシーンを、冨澤たけしと2人で再現した。



 対象シーンは赤楚衛二演じる大庭と、中村演じる羽男のかけあいで、大庭のやらかしと「いちごぱんつ」というせりふに羽男がツッコむというもの。伊達演じる羽男が、富澤演じる大庭に対し「何言ってんだよ!どういうことだよ!」と説教のようなツッコミを披露したが、中村は「ずっとしゃべってんなって思いました」との感想で笑わせた。



 2組の再現を参考に、中村自身が伊達とのかけあいにチャレンジ。「いちごぱんつ」と連呼する伊達に、中村は「いちごぱんつとかどうでもいい。聞こえてる。何しにきたの?」と冷淡な口調で問い詰める迫真の演技にスタジオは絶賛の嵐で、中村の新たなツッコミの一面が垣間見えた。



 また「いちごぱんつ」というフレーズのインパクトも強烈だったことから、SNSでは「いちごぱんつ」がトレンド入りをするなど、さまざまな反響が見られた。



 番組にはそのほか、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、かまいたち、尾形貴弘(パンサー)らが出演した。
カテゴリ