『うる星やつら』レイ役は小西克幸 ビジュアル公開で超絶美形な鬼族の青年に「まさか自分が」

『うる星やつら』レイ役は小西克幸 ビジュアル公開で超絶美形な鬼族の青年に「まさか自分が」

 36年ぶりとなる完全新作テレビアニメ『うる星やつら』第1期(10月よりフジテレビのノイタミナにて2クール連続放送)の追加キャスト情報&ビジュアルが公開された。ラムを追って地球にやってくる超絶美形な鬼族の青年・レイを小西克幸が演じる。



【画像】イケメン過ぎる!公開された『うる星やつら』レイの全身ビジュアル



 レイは超絶美形な鬼族の青年で、一見寡黙であり、目線だけで周囲を舞い上がらせるが、食べ物を前にすると豹変し、ラムを追って地球にやってくるというキャラクター。小西は、「始めて劇場で観たアニメが『うる星やつら』」と明かし、「まさか自分が『うる星やつら』に参加させていただける日がくるなんて」とコメントを寄せている。



 また、演じるレイについては「超絶イケメンで大食漢でラムのことが大好きなレイさん。言葉数が少ないので、どうやって表現しようかなと今から楽しみですね。そして変身キャラでもありますので、そこも楽しみです」。「この令和に復活した『うる星やつら』の世界に入り込みたいと思います」と意気込んでいる。



 選び抜かれた原作エピソードを全4クールにわたって放送する今作は、主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守、チェリー役を高木渉、サクラ役を沢城みゆき、ラン役を花澤香菜が務めることが決まっている。



 『うる星やつら』は、『週刊少年サンデー』で1978年~1987年にて連載された漫画が原作で、地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムのラブコメディー。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切ない…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩る作品となっている。ゲーム化、劇場アニメ化などもされており、テレビアニメが1981年~1986年に放送された。
カテゴリ