堀田真由、ニューウェーブ女優賞で気持ちを新たに 『鎌倉殿の13人』のキャスト陣へ感謝「心を委ねながら芝居」

堀田真由、ニューウェーブ女優賞で気持ちを新たに 『鎌倉殿の13人』のキャスト陣へ感謝「心を委ねながら芝居」

 俳優の堀田真由(24)が28日、都内で行われた『第32回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022』オープニングセレモニーに登場。最近の活躍が評価され、ニューウェーブアワードの女優部門を受賞した。



【動画】『鎌倉殿の13人』小栗旬の印象は?照れながらコメントする堀田真由



 堀田は「この度は本当に名誉ある賞をいただき、本当に光栄に思います」とあいさつ。「自分なりに日々、積み重ねてきた結果が、きょうにつながっていたのかなと思うと、スゴく自信がわきますし、これまでの道のりで関わってくださったすべての方々の顔が、この賞を手にして思い出されていて…。感謝の気持ちを忘れずに、これからも誰かの記憶に交わったり、希望となるような作品を届けていけたらいいなと思います。本当にありがとうございます」とスピーチした。



 放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、小栗旬演じる北条義時の妻・比奈役を務める。「もちろんプレッシャーみたいなものもあったんですけど、『鎌倉殿の13人』のキャストの皆様が本当に優しく接してくださって。先輩方に心を委ねながら芝居しました」とにっこり。小栗も同映画祭に縁がある。撮影はすでに終わったというが「これからも変わらずに私の中では小四郎殿。また、お会いできたらいいなと思います」と笑顔で語っていた。



 同映画祭は、全国の映画・エンタメファンに夢や希望、新たな才能あふれる作品との出会いを提供する祭典で、8月1日までオンライン開催。夕張市内でのリアル上映は、29日と30日に行われる。



 そのほか、ニューウェーブ アワードの男優部門を高橋文哉(21)、監督部門を荒木哲郎監督(45)が受賞。また、黒木瞳監督、佐藤寛太、平祐奈も出席した。

カテゴリ