阿部寛・清野菜名・高杉真宙、ゼロからの楽器演奏で団結「久しぶりに出た部活みたい」

阿部寛・清野菜名・高杉真宙、ゼロからの楽器演奏で団結「久しぶりに出た部活みたい」

 俳優の阿部寛が主演する映画『異動辞令は音楽隊!』(8月26日公開)の完成披露試写会が28日、都内で開催され、阿部のほか清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙、見上愛、内田英治監督が登壇した。



【動画】清野菜名から絶賛され笑顔を見せる阿部寛



 同映画は、犯罪捜査一筋30年の鬼刑事が、突然警察音楽隊へ異動辞令を命じられる、という人生のある局面を描く。“音楽隊”のメンバーには「演奏シーンは吹替なし」「手元だけの吹替も一切しない」という内田監督の方針のもと、これまで楽器を演奏したことがないという阿部はドラムを、清野はトランペットを、高杉はサックスをゼロから練習することに。



 阿部は「まったくやったことがなくて、3ヶ月くらい練習しました。最初はたくさん(パーツが)あるのでどれを叩いたらいいのかわからないし、足でも叩くし。まずは(練習用の)ゴムパットで木魚を叩くように練習。1ヶ月半くらい経って、実際のドラムを叩いた時に叩きやすいな、と思えて、一気に火がつきました。それまでは、ずっと遠い目になっていました」と、ゼロからのレッスンを振り返った。



 そんな阿部の姿を間近で見ていた清野は「かっこよかった、という簡単な言葉で片付けちゃいけないけど、練習しているところから拝見して、どんどんアップデートされていっていった」と、みるみる上達していく阿部の姿が眩しかったという。高杉も「阿部さんがドラムを叩いている姿を生で見れただけで、この撮影に参加できてよかったと思った。ドラム姿、マジでかっこいいです」と、称賛した。



 清野自身も「絶対うまく吹いてやるぞ」という負けん気で練習に励み、「トランペットは音を出すのも難しい楽器。苦戦しました。修行じゃないけど、かなり練習を積みました」。高杉は「皆さんがいたからなんとか頑張れた。自分一人だったら練習できなかったと思う。清野さんのソロパートを聴いて、こんなに完成しているんだ、と思ったし、阿部さんも撮影中もドラムレッスンをしていて、自分も頑張らなきゃ、と思えた」と、まさに“音楽隊の一員”だった日々に思いを馳せた。



 阿部も「久しぶりに部活に出た感じ。最初にみんなで集まった時に、まずやってみましょうという監督の無茶ぶりがあって。みんなで助け合うようなセッションだった。それでこの映画の意味をつかんで、また練習して、ともに汗水流した」と、撮影の日々を懐かしんでいた。



 今回、捜査一課の刑事役だった磯村は、「刑事をしている自分が申し訳なく思いました(笑)。音楽隊のチームの団結力には役としても、僕自身としても感動してました」と、半ばうらやましく思っていたよう。もし、音楽隊に入ったなら、という仮定の話で「阿部さんの横でパーカッション。マラカスを鳴らすとか…、それぐらいなら」と、弱気な発言をしていたが、「パート3まで構想はある」と言う内田監督が「難しそうな楽器を」と水を向けると「頑張ります」とやる気満々だった。

カテゴリ