“バチェラー夫婦”友永真也氏&恵さん、ラブラブ挙式を回想「人生で一番価値のある一日」

“バチェラー夫婦”友永真也氏&恵さん、ラブラブ挙式を回想「人生で一番価値のある一日」

 Amazon Prime Video製作の人気リアリティーショー『バチェラー・ジャパン』シーズン3に出演してカップルとなり、その後、結婚した実業家の友永真也氏とブドウ農家・恵さんが28日、東京・studio LUMINOUSで行われた『しんめぐWedding アフタートークライブ』に参加した。



【写真】ラブラブ!お互いを見ながら笑い合うしんめぐ



 2020年7月に結婚したことを発表した2人は、今年4月17日に沖縄で結婚式を挙げた。真也氏は「もう言葉にできない。当日は朝起きてから夜寝るまで、自分の人生で一番価値のある一日になりました」と振り返ると、恵さんも「私も同じです。想像していた以上に良い日になったなと。コロナもあって2度も延期し、やるかどうかも迷っていたので諦めないでやってよかった」と感慨深げに語った。



 2人の結婚式をプロデュースしたスマ婚プランナー・吉田氏が「ものすごくラブラブだった!」と明かすほど、幸せいっぱいの一日となったようだ。結婚式を経て、些細な夫婦喧嘩があった時も「あの日を思い出すと『許そう!』と思える(笑)」と恵さん。真也氏も「いいお守りになっています」とほほ笑んでいた。



 トークライブではそのほか、駆けつけたファンやプレ花嫁に向けて、結婚式の打合せのエピソードや演出の裏話を語り、真也氏は「僕らが全力で楽しんで、参加してくださった方も一生の思い出になるよう楽しめるような演出にしました」と回想。



 続けてコロナ禍で式を挙げることを迷っているカップルに向けて「僕らもコロナ禍で結婚して、挙式を2回延期して、その間に結婚式をやらないと思ったときもありました。迷われている方もいろいろと考えてしまうことはあると思いますが、最終的には自分らのために決断するべきだと思います」と自らの経験を踏まえて熱弁していた。
カテゴリ