『六本木クラス』第4話、葵(平手友梨奈)のダンスレッスンに反響「小悪魔や」「とても色っぽくてドキドキ」

『六本木クラス』第4話、葵(平手友梨奈)のダンスレッスンに反響「小悪魔や」「とても色っぽくてドキドキ」

 俳優の竹内涼真が主演を務める、テレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』(毎週木曜 後9:00)の第4話が、きょう28 日に放送。『梨泰院クラス』でも人気のあるダンスレッスンシーンが放送された。



【第4話場面カット】自ら厨房に…物語のカギとなる料理をつくる竹内涼真



 本作は、Netflixで大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』を日本に置き換えて翻案した、漫画『六本木クラス』を「日韓共同プロジェクト」としてリメイクした物語。六本木の居酒屋「二代目みやべ」店長の宮部新(竹内涼真)が、自らを絶望の淵に追いやった長屋ホールディングス会長・長屋茂(香川照之)とその息子に土下座をさせて罪を償わせるために、復讐を誓う。



※以下、ネタバレあり。



 第4話では、宮部新(竹内)は麻宮葵(平手友梨奈)から「二代目みやべ」で働きたいという申し出を受けるが、ひと足先に働きたいと言ってきた長屋龍二を雇うことが決まっていたため、これ以上雇う余裕はないと断る。それでも食い下がる葵は、次々と「二代目みやべ」に必要な改善点を上げていき、社長=新の隣には戦略を立てる自分のような人物が必要だとアピール。そして、最後に葵がなぜ「二代目みやべ」で働きたいのか理由を聞いた新は、葵をマネージャーとして迎え入れることに決める。



 葵と龍二が加わり新しい体制で再出発することになった新率いる「二代目みやべ」は、葵の指示のもと内装からメニューまで大幅なリニューアルに動き出す。そして、いよいよ迎えたリニューアルオープン初日――葵の宣伝効果もあり、ひっきりなしに客が訪れ、大盛況。過去最高の売上を叩き出し、新や内山亮太(中尾明慶)、綾瀬りく(さとうほなみ)らが大喜びする一方、葵は何かが引っかかっているようで…というストーリー。



 葵、亮太、龍二とクラブに行くシーンでは、葵が亮太にクラブでのダンスを教えるため、龍二に対して女性へのアプローチを実践した。



 龍二の至近距離でダンスを踊る姿と艶っぽい表情に、ネットでは「伝説のダンスレッスン」「小悪魔や」「葵ちゃん魔性すぎる」「ダンスし慣れている説得力」「とても色っぽくてドキドキした」などの反響が寄せられた。
カテゴリ