タイ・韓国合作ホラー映画『女神の継承』日本語吹替版の制作が決定

タイ・韓国合作ホラー映画『女神の継承』日本語吹替版の制作が決定

 タイ×韓国のタッグによる、タイ秘境を舞台に描く、比類なき怒とうの恐怖エンターテインメント、映画『女神の継承』(7月29日公開)の日本語吹替版の制作が決定した。



【動画】『女神の継承』予告編



 同作は、『チェイサー』(2008年)、『哭声/コクソン』(16年)で、その名を轟かせた韓国の映画監督ナ・ホンジンが、『哭声/コクソン』の続編として、ファン・ジョンミン(『ただ悪より救いたまえ』、『ベテラン』)が怪演した祈祷師イルグァンの物語を思いついたことから企画がスタート。その構想はタイの祈祷師をモチーフにした、観る者を社会の常識が通用しない戦慄の秘境へと招き入れる物語となった。



 女神に仕える当代の祈祷師・二ムの吹替は、『ポケットモンスター』サトシ、洋画ではサンドラ・ブロック、ミラ・ジョヴォヴィッチなどを演じてきた松本梨香。不可解な現象に襲われる祈祷師一族の末裔・ミンの吹替は、『ラブライブ!』星空凛、『オッドタクシー』白川など人気作への出演が続く飯田里穂。



 ミンの母で、祈祷師になることを拒んだノイには『名探偵コナン』妃英理、洋画では「スター・ウォーズ」シリーズのレイア(キャリー・フィッシャー)などを務めてきた高島雅羅。そして、彼女たちが救いを求める祈祷師・サンティ役を『銀魂』坂田銀時、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ ジョセフ・ジョースター、洋画では『エターナルズ』キンゴ(クメイル・ナンジアニ)などを演じてきた杉田智和が担当する。



 松本は「見どころは呪文の吹き替え部分。難しかったぁ〜♪(笑)」とコメントし、本作の大きな見どころともなっている恐るべき儀式シーンにも果敢に挑んだ様子が伺える。



 また、ミン役の飯田は「どこかに実在するであろう世界と奇妙な世界の狭間に入り込んでしまう、中毒性のある作品でした」と作品の魅力を語った。



 さらに、ノイ役の高島は「ドォゴワッ!として ウゲボボボ〜となってフヒャーッとなって、ギャッパラパ〜となります。猛暑の夏におすすめです」と意味深なコメントを残し、サンティ役の杉田は「絶対に『よろしくお願いします』とおすすめできません。これもまた、呪いかな。しかし何故か足が映画館に向いていた……』と本作の持つ奇妙な”力”を感じさせるコメントを寄せている。



 強力な布陣で挑む『女神の継承』吹替版は、配信で提供される予定だが、8月11日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて一夜限りの特別上映を行う予定。上映時間などの詳細は後日発表。



■松本梨香のコメント(全文)



 ドキュメントタッチに描かれている映画。だからこそ身近な出来事のようで恐怖感がものすごかったです。主役の祈祷師のニムを担当させていただき、自分の中の「神」とはなんなのかを強く考えさせられました。見どころは呪文の吹き替え部分。難しかったぁ〜♪笑笑



■飯田里穂のコメント(全文)



 終始ゾクゾクが止まりませんでした。ドキュメンタリーのようなカメラアングル視点での内容だったので、後半になればなるほど怖いのに次の展開見たさに抜けられなくなるという、どこかに実在するであろう世界と奇妙な世界の狭間に入り込んでしまう、中毒性のある作品でした。



 実はここまでのホラー作品をやるのも、憑依(ひょうい)されるような人物を演じるのも初でした。なので最初はどのような演技プランが1番見ている人に気持ち悪さや違和感を感じてもらえるのだろうかといろいろと考えました。実際にミンを演じられているナリルヤ・グルモンコルペチさんの熱量も凄まじかったので、練習からアフレコする時まではそのパワーも受けながらやっていました。



 吹き替えならではの臨場感や、物語に没入できる視点もあると思うので、ホラー好きの方はもちろん、ホラーを普段観ない方でも挑戦してみる価値のある作品だと思います! 本当に最後の最後まで結末が読めない展開になっています。是非たくさんの方に楽しんでいただければと思います。



■高島雅羅のコメント(全文)



 始めドキュメンタリー風に入ったので、ゆったりと観ていたのですが中盤からは不気味で、もう怖くて、怖くて…怖かったです。「どうか娘を返して下さい!」その思いだけを持ってジェットコースターを乗り切った感じです。無事に収録し終わってホッとしました。ドォゴワッ!として ウゲボボボ〜となってフヒャーッとなって、ギャッパラパ〜となります。猛暑の夏におすすめです。



■杉田智和のコメント(全文)



 好みの世界観と雰囲気でした。「呪いには呪いをぶつけるんだよ!」のノリを考えていましたが、実際はもう少し真面目です。わかってはいましたが、考えていた通りの結末でした。それでも心の何処かに「何とかなるかもしれない」の考えがあれば、作品をより楽しめる筈です。先ず、グッズのデザインが秀逸です。そして、絶対に「よろしくお願いします」とおすすめできません。これもまた、呪いかな。しかし何故か足が映画館に向いていた……。



(C) 2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED. 

カテゴリ