福士蒼汰、海外メディアの取材に通訳なしで対応 撮影中の『THE HEAD』を語る

福士蒼汰、海外メディアの取材に通訳なしで対応 撮影中の『THE HEAD』を語る

 俳優の福士蒼汰が、現在スペイン・マドリードにて撮影中のHuluオリジナル『THE HEAD』Season2(2023年、世界同時放送&配信、日本ではHuluで独占配信予定)のプレスカンファレンス(国際取材会)に、ジョン・リンチ、キャサリン・オドネリーら主要キャストとともに出席。各国から集まった取材陣のインタビューに応じ、全編英語のせりふ&オール海外ロケ現場で得た貴重な経験を報告した。また、同作の舞台裏を収録した約2分のメイキング映像が公開された。



【動画】『THE HEAD』Season2、舞台裏を収録した約2分のメイキング映像



 ヨーロッパ最大級の制作会社である「THE MEDIAPRO STUDIO」が主導し、オンライン動画配信サービスHuluも製作に参画している超大型国際連続ドラマ『THE HEAD』。辺境の地にある南極の科学研究基地で起こった惨殺事件の真相に迫る“震撼の極限心理サバイバル・スリラー”として2020年6月から世界公開されたSeason1(Huluで全話独占配信中)は、放送・配信国が公開当初の3倍となる世界90の国と地域に拡大するなど大成功を収めた。



 Season2では、新たな隔絶された場所=太平洋のど真ん中を航海する“ある科学ミッションを担った巨大貨物船”を舞台に、善と悪がぶつかり合う震撼の事件をスリリングに描写。前作で因縁のキーパーソンとなったジョン・リンチ演じる生物学者アーサーと、キャサリン・オドネリー演じる若き医師マギーが再登場する。さらに、メインキャストの一人として、日本から福士が出演するほか、10ヶ国から集まったキャストたちが撮影に励んでいる。



■「毎日刺激的で楽しい!」「やりがいのある現場」と日々手応え実感



 物語において重要な役どころであるコンピューターエンジニアのYuto Nakamuraを演じる福士。劇中で全編英語のせりふに挑戦している彼は、通訳一切ナシの取材会でも英語で堂々と受け答えを披露し、国際色豊かなキャストやスタッフにも、すっかりなじんだ様子を見せた。



 海外で長期滞在しながら全編英語での芝居が初めての福士は「日々の撮影で、悔しいことや、もう少しできたな、という反省、意外にここはできた、という喜びなどを感じながらやっているので、毎日が刺激的で楽しいです」と現在の様子を語った一方で、「言語の壁も大きい」と素直な心境も告白。



 「いろんな国からきているので、わかり合おうとしないとわかり合えない環境が、面白くもあり大変なところでもある」と“異文化が交錯する様子”を明かした。しかし、「撮影はすごくのびのびやっています」と言い、「みんな、自分たちの世界を現場に持ってきて、セッションしているような感じで撮影するので、やりがいのある現場になっています」と、日々の手応えも報告。



 また、キャストとの距離も縮まってきているようで、撮影中に役名で呼ばれるところを「Hey,Sota!」と言われ、NGがでてしまったというエピソードも披露。「プライベートで仲良くなればなるほど役名ではなく、本名を呼んでしまいNGシーンが多発するようになってきました(笑)」と楽しそうに語ってた。



 THE MEDIAPRO STUDIOの国際コンテンツ開発部のディレクターで、製作総指揮も務めるラン・テレムは本作に関し、「創造性と製作の両方の観点から見て、Season2はさらに進歩しています。マリアーノ・バセルガとホルディ・ガルセラン、アイザック・サストレ、カウエ・ララッタが書いたプロットと、国際的なキャスト、監督のホルヘ・ドラドが組むことで前シーズンの要素を引き継ぎつつ、同時に新鮮でエキサイティングな視点がシリーズに付け加えられました―地球上で最も隔離された場所、太平洋のポイント・ネモが舞台なんです。公開が待ちきれません」とコメントした。



■『THE HEAD』Season2 物語の舞台は、科学探査船アレクサンドリア号



 船内にある広大な研究室でジョン・リンチ演じるアーサー・ワイルドが、気候変動を食い止めて地球を救うべく、困難なミッションに取り組んでいる、という設定。この設定を踏まえ、Season2の撮影はさまざまな場所で行われている。アレクサンドリア号の屋外シーンは、テネリフェ島とその周辺に停泊させた全長150メートルの本物の貨物船上で約3週間にわたって撮影し、ドローンで多くの空撮も行なわれた。また、1200平米に及ぶ船内のセットはマドリードに設営され、さまざまな部屋が再現されており、特にアーサー・ワイルドが研究を行う280センチ幅の水槽を備えた研究所は本格的かつ豪華なセットになっている。

カテゴリ