デビュー25周年の本仮屋ユイカ、6冊目の写真集発売「表現者としてスタートラインに立てた」

デビュー25周年の本仮屋ユイカ、6冊目の写真集発売「表現者としてスタートラインに立てた」

 俳優の本仮屋ユイカ(34)が、35歳の誕生日にあたる9月8日に6冊目の写真集『私。』(ワニブックス)を発売することが決定した。デビュー25周年を迎えた本仮屋が、2年ぶりの写真をリリースする。



【写真】透明感がすごい!ベッドに寝転び凛とした表情をみせる本仮屋ユイカ



 本仮屋は、役者、歌手、ラジオパーソナリティ、そしてYouTubeまで、さまざまな分野で活躍。今回の写真集の撮影は、本人のインスピレーションで行きたいと思った、初めての奄美大島で敢行した。デビューから25年を経て、多くの経験を積んだからこそ表現できる、今現在の本仮屋ユイカのありのままの姿、いつまで経っても変わらない透明感あふれる凛とした姿、そして常に新しいことにチャレンジし続ける無邪気さや快活な様子まで盛りだくさんな内容を、1冊に閉じ込めた。



 最新作の『私。』とともに、過去の5冊の中から本人がセレクトしたカットをまとめたアーカイブ版の写真集『私、』の2冊をBOXに入れた特装版も数量限定で発売する。今回の刊行決定を受けて、本仮屋がコメントを寄せた。



■本仮屋ユイカ

自分自身を思い切り表現できる写真集という作品作りの機会を頂けて、とても光栄です。今回も、今の自分ができることを全部詰め込めた作品になったと思っています。そして、最新作と合わせて私自身がセレクトさせて頂いた、過去作全てからできる特装版の発売があります!このお話をワニブックスさんからお聞きしたときは、うれしくて本当に感激しました。



18歳の頃からずっとお世話になっているワニブックスさん。何年もずっとご一緒させて頂いたからこそできる、今回の特別な出版。私自身が一番ほしいのかも!!!(笑)若い自分の姿には照れ臭い気持ちもありますが、あの時にしかできない表現を丁寧に切り取ってもらえたカット、17年分詰め込んだスペシャルな一冊となりました。



自分にとって節目の年に、すばらしい機会を頂き、心から感謝してます。芸歴25周年ですが、やっと表現者としてスタートラインに立てた気持ちでいます。タイトルの「私。」には、そんな今までの自分に一区切りをつける気持ちを込めて、「。」とつけました。これまでの私、これからの私を、この写真集で感じて頂けたら幸いです。



【本仮屋ユイカ】

1987年9月8日生まれ、東京都出身。血液型A型。ドラマTBS『3年B組金八先生第6シリーズ』『世界の中心で、愛を叫ぶ』に出演し注目を浴びる。NHK連続テレビ小説『ファイト』でヒロインを演じたのち、『王様のブランチ』で司会を務めるなど、多数のドラマや映画、バラエティー番組に出演。近年の出演作は、主演ドラマ『私の夫は冷凍庫に眠っている』など。2021年より「ゆいか」名義で歌手活動もスタートさせた。
カテゴリ