神尾楓珠、劇団☆新感線挑戦に武者震い “おとなしい”若者世代の印象を「壊していきたい」

神尾楓珠、劇団☆新感線挑戦に武者震い “おとなしい”若者世代の印象を「壊していきたい」

 俳優の神尾楓珠(23)が29日、古田新太(56)、天海祐希(54)とともに大阪市内で行われた劇団☆新感線『薔薇とサムライ2 -海賊女王の帰還-』大阪公演(10月5日~20日、フェスティバルホール)に向けた囲み取材に出席した。



【集合カット】天海祐希&古田新太ら朗らかな雰囲気の豪華キャストたち



 神尾にとって自身2度目となる舞台挑戦で、劇団☆新感線への出演がかない「まさかご縁あるとは思っていなかった」と武者震い。オファーを受けた心境を「とにかく不安でした」と明かしながら、「自分なりにできることをやらなきゃ」と気持ちを高め、「古田さん、天海さんの背中を見て学ばせていただきたい」と意気込んだ。



 対して、大先輩の古田は「私は昨今、演劇界がおとなしいのを憂いている」と言い、「いわゆるコンプライアンスというものに真っ向から反対」「遠慮するな」と、神尾ら若い世代にゲキ。天海は「先輩・後輩という意識はあまりない」としながら、「(若者が舞台で)バーンと弾けられる場所がないんじゃないか。小さくまとまってうまいという方たちが多い」と世代ギャップを明かした。



 こうした意見について、神尾は「監督や演出家さんがこう思っているだろうなというのをくみとりすぎちゃうところが若い世代にはあると思う」と受け止め、今回の舞台を通じてそうした意識を「壊していきたい」と力を込めた。また、古田や天海がけいこに臨む姿勢にふれ、「真ん中がぶれちゃいけないということを今学べています」と充実感をにじませていた。



 天海扮する海賊アンヌと古田演じる石川五右衛門とともに大暴れする『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive~』(2010年)の12年ぶり続編。神尾は、新キャストとなるボスコーニュ公国の国王の弟ラウル・ド・ボスコーニュ役を演じる。古田は「わかりやすい勧善懲悪と世代交代の話」と説明し、神尾らの奮起に期待を寄せた。



 大阪公演のほか、富山公演(9月9日~11日、オーバード・ホール)、新潟公演(9月22日~25日、新潟県民会館 大ホール)、東京公演(11月1日~12月6日、新橋演舞場)が行われる。
カテゴリ