福本莉子、清楚な長袖ワンピで地元大阪に凱旋 映画『セカコイ』で“愛すること”の意味を実感

福本莉子、清楚な長袖ワンピで地元大阪に凱旋 映画『セカコイ』で“愛すること”の意味を実感

 人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑(20)と俳優の福本莉子(21)が29日、大阪市内で行われたW主演映画『今夜、世界からこの恋が消えても』初日舞台あいさつ&全国同時生中継 in 大阪に登壇した。



【写真】ファン必見!なにわ男子のメンバーからのメッセージ入りポスター



 道枝と福本はともに大阪出身とあって、舞台あいさつは東京に先がけて大阪でスタートし、全国150館に生中継された。清楚な長袖ロングワンピースに身を包んだ福本は、笑顔でカメラに手を振り、登壇したTOHOシネマズ梅田について「ここの映画館にはめちゃくちゃ来てた」と懐かしんだ。七夕に大阪で初日舞台あいさつができるよう祈ったと言い、「皆さんのおかげでかないました!」と満面の笑み。



 今作は、作家・一条岬氏の恋愛小説を実写映画化。眠りにつくと記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患ったヒロイン・日野真織(福本)と、そんな彼女を献身的に支えるも、自らも大きな秘密を隠し持っている主人公・神谷透(道枝)のはかなく切ないラブストーリー。



 作品について、福本は「なにげない日常が一番幸せだということをあらためて教えてもらった」と感慨深げ。映画を通して変わったことを聞かれ、「愛するということ」を挙げ、「いろんな愛に助けられて真織は生きていた。まさにこれこそ愛だなというのを映画で感じました」と語った。そんな福本に対し、道枝は「(役柄が)福本さんにぴったり」と太鼓判を押していた。
カテゴリ