【RIZIN】三浦孝太、2戦目にむけ準備万端でKO宣言 コスチュームは「日本の若者を代表」

【RIZIN】三浦孝太、2戦目にむけ準備万端でKO宣言 コスチュームは「日本の若者を代表」

 今月31日に開催される格闘技『RIZIN.37』(さいたまスーパーアリーナ)に出場する三浦孝太(20)が29日、オンラインインタビューで試合への意気込みを語った。



【動画】KO宣言!試合前の心境を語る三浦孝太



 サッカー・三浦知良選手の次男である孝太は、昨年大みそかの『RIZIN.33』でYUSHI相手に劇的な勝利を飾り、大きな注目を集めた。第2戦は5月の『RIZIN LANDMARK Vol.3』でブラジルのフェリペ“キングハンター”マソーニ(36)との対戦が決まっていたが、直前に首の負傷により試合が中止に。その後はケガも回復し、改めて今大会でのマソーニとの対戦が決定した。



 デビュー2戦目ながら、破格の注目度について「応援してくれる方も増えてうれしいんですけど、大みそかと気持ちや考えた方は変わっていない。応援してくれる方の期待に応えながら、デビュー戦と変わらない気持ちで」と冷静に受け止める。



 対戦相手のマソーニは、年齢が16歳も上のベテランファイター。三浦は「自分にとっては挑戦的な試合になる」とチャレンジャーの姿勢だが、「打撃の攻防になると思うので、しっかりKOできたら」と勝利を目指す。そして、延期となった試合が実現したことについて「自分と戦うことを飽きずに、ブラジルから来てくださってるので、そこに関しては感謝しかない」とリスペクトも示した。



 前回の試合後、『逃走中』などの人気バラエティー番組やファッションショー、トークイベントなど芸能活動にも参加してきた。これらの経験が格闘家にとってプラスになったことを聞くと「いろんな業種のトップの方に出会えて吸収できたものがあるので、自分の日ごろの練習への取り組み方だったり、人前に立つことの意識だったり、格闘技でも自分が活躍していくためにはプラスになったと思います」と胸を張った。



 デビュー戦は新人らしく黒いシンプルなコスチュームだったが、今回は「会場で生で見てくださる方が何を思うかっていうことを楽しみにしたい。日本の若者を代表して戦おうと思っているので、そういう感じのコスチュームですので、注目してほしいです」とアピールした。



 9月には朝倉未来VSフロイド・メイウェザー・ジュニアという世界が注目する一戦が行われる。今回の試合に勝利し、この大会への参戦意思を問われると「格闘技をやってる人は全員が出たいと思うのですが、自分2戦目でキャリアも何もない。そこに自分から出してくれというのは、ちょっと違うかなと思う。チャンスをいただけるなら嬉しいですが、今の自分から発信する必要はないのでは」と謙虚に語った。

カテゴリ