華原朋美「子宮頚がんではありませんでした」 不正出血が続き検査していた

華原朋美「子宮頚がんではありませんでした」 不正出血が続き検査していた

 歌手の華原朋美(47)が30日、アメーバオフィシャルブログを更新。子宮頸がんの検査結果が出たことを報告した。



【写真】“どアップ”ショット添え…病院での検査を報告した華原朋美



 華原は23日のブログで「今日は朝から病院に行って産婦人科や内科と色々と診察して頂きました」「不正出血が続いていたのでとても心配で子宮の中を検査して頂き子宮から細胞を採って頂き子宮頸がんの検査もして頂きました」と報告していた。



 この日、「検査の結果」と題してブログを更新すると、絵文字を交えながら「先日、産婦人科で検査しました子宮頚がんの検査の結果が出ました」と切り出し、「子宮頚がんではありませんでした」と報告。「本当にドキドキしながら今日の日を待っていたので検査結果を聞いてめちゃくちゃ安心しました」と心境を述べ、「年齢的にも更年期がはじまると思ったのでそれも検査してもらいましたが更年期にはなってませんでした」とも明かした。



 さらに「20代後半の時に更年期の症状が物凄くて大変だった時期がありました」「20代で更年期になる人っているのかなぁとゆう感じでした」と告白。「ヘアメイク中に汗が急に噴き出したり めまいやふらつきなど、酷かったのを思い出しました。収録中も椅子の横にハンカチとゆうか、小さいタオルをいつも置いてました。映ってない時に吹き出す汗を拭いていたのをよく覚えています」と当時を振り返り、ただの体調不良には見えなかったようだが、病院には行かず、原因がわからないまま1年近く続いていたという。最後は「これからは自分の身体を大切に大事に、こまめに検査に通いたいと思います」と記し、ブログを締めくくった。
カテゴリ