かまいたち山内“猫飼いたい”の理由で吉本興業から借金 まさかの社長登場で「ドッキドキでした」

かまいたち山内“猫飼いたい”の理由で吉本興業から借金 まさかの社長登場で「ドッキドキでした」

 お笑いコンビ・かまいたちの山内健司(41)が30日、東京・ブックファースト新宿店で行われた愛猫の写真集『ねこうちさん 猫と山内と時々犬』(サイゾー)の発売記念サイン会を開催した。



【写真】愛猫との“お気に入り”カットを紹介する山内健司



 イベント前には取材会も実施。猫を描い始めたきっかけも明かした。「10年ぐらい前に。前に付き合っていた彼女が『飼いたい』と言い出した」と明かす。当時は月収15万円ほど。飼うには厳しい経済状況だったが、彼女の願いをかなえるために「吉本ファイナンスという吉本がお金を貸してくれるところに借りに行った」と懐かしむ。



 40万円ほど用立ててもらったが、借りる理由について記入する必要があり、山内は「生活費」としたそう。ただ、経理の担当者から「事前に『猫を飼いたいから』とマネージャーさんから連絡が来たので『猫を飼いたい』も一応、書いてもらっていいですか」と伝えられ、山内は「いいのかな、と思ったけど『生活費』の下に『猫を飼いたい』と書いたんです」と思い返す。



 その直後に大ハプニングが発生。「書き終わった瞬間ぐらいに会議室に次に使う予定だった当時の吉本の社長が入ってきた。『何してんの?』と言われて『会社からお金を貸してもらってます…』と。紙を取って『何に使うの?』と見て、経理の担当の女性の方に社長が『猫を飼いたいヤツに金貸すなよ』と(笑)。『どうしてもいるんで! 社長、すみません!』と貸してもらった。ドッキドキでした。だから『猫を飼いたい』とか書かない方がよかったのに…」とエピソードを明かし、笑わせていた。



 その彼女にはフラレてしまったそう。すでに猫にメロメロだった山内は別れ話の際に「俺が吉本から借りたお金で飼った猫ちゃん。責任を持って最後まで面倒を見る」と引き取ったことも懐かしんでいた。



 “いま最も忙しい芸人”の1人である山内の愛猫写真集。「仕事頑張るモチベーション」と言い切る5匹の猫と1匹の犬との生活を自ら撮って書いて描いた“家族"への愛情あふれる1冊となる。5匹の猫「のび太」「ガブ」「モカ」「チャイ」「にゃんじ」、そして犬の「むぎ」、さらに今は亡き3匹の愛猫たちの写真も加え、インスタグラムで未公開や撮り下ろし写真100点超を掲載している。写真に一言を添えた「多分こう言ってる。」の約120点を中心に、全員の相関図、写真4コマほか、ほぼ全編にわたって本人が撮った写真とテキストで構成。さらに“絵心ない芸人"の汚名返上を目指して猫を描くイラスト企画も。巻末には、猫への真摯な愛情を語ったインタビューを掲載している。
カテゴリ