かまいたち山内、妻とのキューピットは猫 インスタグラムの“いいね”から連絡

かまいたち山内、妻とのキューピットは猫 インスタグラムの“いいね”から連絡

 お笑いコンビ・かまいたちの山内健司(41)が30日、東京・ブックファースト新宿店で行われた愛猫の写真集『ねこうちさん 猫と山内と時々犬』(サイゾー)の発売記念サイン会を開催した。



【写真】愛猫との“お気に入り”カットを紹介する山内健司



 イベント前には取材会も実施。妻とも猫がきっかけで知り合ったそう。「猫ちゃんを飼ったタイミングでインスタグラムを始めた。猫の写真をいっぱい上げていたら、そこに嫁が『いいね』を押してきたんですよ。嫁が『いいね』を押した理由は、嫁も猫ちゃんを1人暮らして5匹飼っていたんですよ。猫が好きで、猫のオススメ写真の中で、僕のがたまたま出て。僕のファンというより猫が好きで最初は『いいね』を」とファーストコンタクトを明かす。



 続けて山内は「当時、僕は『いいね』を押してくれた女子の写真は全部見ていた」とあっけらかんと語ると「『この子、かわいいな』と思って向こうの猫の写真にも『いいね』を押してからやり取りが始まって、お付き合いした」と語る。「完全に猫がキューピットです。だから、結婚記念日も2月22日の『にゃーにゃーにゃーの日』にしたり、全部、猫に合わせています」と照れ笑いしていた。



 “いま最も忙しい芸人”の1人である山内の愛猫写真集。「仕事頑張るモチベーション」と言い切る5匹の猫と1匹の犬との生活を自ら撮って書いて描いた“家族"への愛情あふれる1冊となる。5匹の猫「のび太」「ガブ」「モカ」「チャイ」「にゃんじ」、そして犬の「むぎ」、さらに今は亡き3匹の愛猫たちの写真も加え、インスタグラムで未公開や撮り下ろし写真100点超を掲載している。写真に一言を添えた「多分こう言ってる。」の約120点を中心に、全員の相関図、写真4コマほか、ほぼ全編にわたって本人が撮った写真とテキストで構成。さらに“絵心ない芸人"の汚名返上を目指して猫を描くイラスト企画も。巻末には、猫への真摯な愛情を語ったインタビューを掲載している。
カテゴリ