小田和正、新型コロナ感染「今は自宅待機」 前日に出演者陽性で公演見送りを発表

小田和正、新型コロナ感染「今は自宅待機」 前日に出演者陽性で公演見送りを発表

 シンガーソングライターの小田和正(74)が新型コロナウイルスに感染したことが30日、公式サイトで発表された。



【写真】“史上最年長”のアリーナツアー開幕 2時間半にわたって歌い上げた小田和正



 前日、ライブ出演者が陽性となり、8月3・4日に東京・代々木第一体育館で開催予定だった公演の見送りが発表されていた。公式サイトでは「皆さん、暑い中お元気でしょうか。この度代々木のコンサートを突然見送らせて頂くことになってしまいホントウに申し訳なく思っています。自分も急いでPCR検査を受けましたが残念ながら陽性でした。今は自宅待機で立て直しに必要な時間を検討しています」と伝えた。



 続けて「皆んなが楽しみにしてくれていた大事なツアー、なんとか万全に近い形で再開したいと思っています。思わぬ事態に対処が及ばないことも出て来るでしょうが、出来る限り前向きに頑張ります」とつづり、「皆さんも慎重の上にも慎重を重ねて日々を乗り越えてください。たくさんの心配をありがとうございます。皆の笑顔に会える日を楽しみにしています」と呼びかけている。



 小田は今年6月3日、福島・ビッグパレットふくしまで3年ぶりとなる全国アリーナツアー『Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』をスタート。74歳8ヶ月でのアリーナツアー開催は、国内アーティスト史上最年長記録となった。
カテゴリ