菅田将暉、泣く63歳・原田美枝子をヨシヨシ 嗚咽する姿を見て「気づいたら頭をなでていた」

菅田将暉、泣く63歳・原田美枝子をヨシヨシ 嗚咽する姿を見て「気づいたら頭をなでていた」

 俳優の菅田将暉(29)、原田美枝子(63)、長澤まさみ(35)、永瀬正敏(56)、川村元気監督(43)が7月31日、都内で行われた映画『百花』完成披露舞台あいさつに登場した。



【集合ショット】なんて豪華なメンバー!菅田将暉&長澤まさみ&永瀬正敏らが登壇



 菅田と原田は今回が初共演。菅田は「原田さんと対峙した時、毎回、どうなるかわからない現場でした。原田さんの人間力を受けての日々でしたので、ぜいたくな日々でした」と撮影を振り返った。



 また、印象的なシーンを聞かれると菅田は「とあるシーンで、カットがかかった瞬間に僕の胸で号泣する原田さんがあった。そういうシーン(感情を込めるシーン)ではあるのですが、シーンに関係なく嗚咽(おえつ)が止まらなくなり、制御不能になっている原田さんを、僕は気づいたら頭をなでていた」と告白。俳優として貴重な体験だったとし「大先輩の泣きじゃくる姿をピュアな状態で見せていただけることが、忘れられないですね」と打ち明けた。



 これに原田は「本当に大変で、撮影が全然OKが出ず…。どうしたらいいのかわからず、大変でした。最後、監督がOKと言っていただけた時に、泣くシーンではなかったのですが、涙が止まらなくなってしまった」と当時の様子を振り返った。続けて「そうしたら菅田さんが、『ヨシヨシ、ヨシヨシ』と、まるでお母さんが子どもをなだめるようになだめていただき、とても良い忘れられない思い出です」と照れていた。



 同作は、映画プロデューサー・脚本家として『告白』『悪人』『モテキ』『世界から猫が消えたなら』『君の名は。』など多数の映画を製作してきた川村元気氏が、自身の体験をもとに執筆した小説を自ら脚本化し、初めて長編映画の監督も務めた意欲作。



 記憶を失っていく母と向き合うことで、母との思い出を蘇らせていく息子・葛西泉を菅田、すべてを忘れていくなか、さまざまな時代の記憶を交錯させていく母・葛西百合子を原田、泉と同じレコード会社で働き、初めての出産を控える泉の妻・葛西香織を長澤、百合子の“秘密”を知り、“事件”と深い関わりを持つ男・浅葉洋平を永瀬が演じる。
カテゴリ