ジャンプ話題作『ルリドラゴン』しばらく休載へ 6月に連載開始も…作者の体調不良で一定期間休養

ジャンプ話題作『ルリドラゴン』しばらく休載へ 6月に連載開始も…作者の体調不良で一定期間休養

 週刊少年ジャンプ編集部は1日、同誌で連載中の漫画『ルリドラゴン』が、作者・眞藤雅興氏の体調不良により、同日発売の35号からしばらくの間、休載することを発表した。同作は、6月13日より同誌にて連載がスタートした新連載で、第1話が掲載されるとツイッターでトレンド入りするなど早くも注目作品となっていた。



【動画】どんな漫画?ゆる~い雰囲気のJK 『ルリドラゴン』紹介PV



 作品公式ツイッターでは書面にて「眞藤先生の体調不良により、『ルリドラゴン』は今号からしばらくの間、休載いたします」と報告。



 「週刊少年ジャンプ33号にて一度休載をとり、体調と向き合いながら持続可能な執筆携帯を模索してきましたが、眞藤先生と編集部で様々に協議した結果、一定期間休養し、万全な状態で連載が続けられるように、回復を図っていく方が良いと判断いたしました」と説明した。



 また、再開時期は誌面にて発表し、「多くの反響をいただくなか、楽しみにしていただいている読者の皆様には大変申し訳ございません」と伝えている。



 同作は、増刊「ジャンプGIGA」に掲載され、ボイスコミックがYouTubeで累計200万回再生された読切が連載化された作品。朝、目覚めると突然頭にツノが生えてきた少女が主人公で、龍と人の子どもだと明かされる。その後、学校に登校して、友人に驚かれたり、からかわれたりするなど、ドラゴン少女になった彼女の日常を“ゆる~く”描いたストーリー。



 ゆる~い雰囲気の物語の展開に、第1話が掲載された際、ネット上では「ジャンプで新連載のルリドラゴン、めちゃくちゃ癖に刺さって良い」「ルリドラゴン、ジャンプらしくない空気感に満ちていて好き」「ルリドラゴン、良い意味でジャンプらしくない、落ち着いた時間の流れを感じる」「ルリドラゴンの絵柄とても可愛いですよね 表紙からとても惹き込まれました」「キャラ可愛いし空気感もいいしこれは良い」など期待の声が続々。6月に連載がスタートしたが、7月には早くもLINEスタンプが発売されるなど多くのファンの支持を得ていた。

カテゴリ