竹内涼真、“人を救うバンカー”を熱演 過酷な運命に翻ろうされる<アキラ>スペシャル映像

竹内涼真、“人を救うバンカー”を熱演 過酷な運命に翻ろうされる<アキラ>スペシャル映像

 「半沢直樹」「陸王」などのベストセラー作家・池井戸潤原作の映画『アキラとあきら』(8月26日公開)より、正反対の宿命を背負った二人の若者、竹内涼真演じる山崎瑛(アキラ)と、横浜流星演じる階堂彬(あきら)、それぞれのキャラクターに焦点を当てたスペシャル映像が解禁された。



【動画】『アキラとあきら』スペシャル映像 SIDE山崎瑛〈アキラ〉



 スペシャル映像は、2人のキャラクターを象徴するような印象深いせりふから始まり、育った環境や彼らが持つ信念のルーツがわかる、【SIDE山崎瑛<アキラ>】と【SIDE階堂彬<あきら>】の2本。この記事では、【SIDE山崎瑛<アキラ>】について紹介する。



 「誰にでも宿命というものがあるのなら、それはどんな風に乗って現れ、どこへ僕らを運んでゆくのだろう─」という言葉から始まる【SIDE山崎瑛<アキラ>】。父親の町工場が倒産し、全てを失うという過酷な境遇に身を置かれながらも、その中で出会った銀行員・工藤(満島真之介)の真摯(しんし)な姿に心を動かされた幼少時代から、融資を通すべく上司の不動(江口洋介)に必死に掛け合う銀行員としての姿が映し出され、運命に翻ろうされながらも人を救うバンカー(銀行員)になりたいという<アキラ>の熱い【情熱】と【信念】が伝わってくる。



 本作は、そんな山崎瑛と、大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬の物語。偶然同じ名前を持った二人は、運命に導かれるかのごとく、日本有数のメガバンクに同期入社。だが、人を救うバンカーになりたいという熱き理想を持つ山崎と、情を排除して冷静沈着に仕事をこなす階堂は、銀行員としての信念が真っ向から対立する。



 ライバルとしてしのぎを削る二人だったが、山崎は立ちはだかる<現実>という壁を前に、自らの信念を押し通した結果、左遷される。一方、順調に出世していた階堂の前にも、親族同士の骨肉の争いという試練が再び立ちはだかる。階堂は<現実>から眼を背け続け、ついに階堂家のグループは倒産危機に。グループの全社員とその家族4800人の人生が掛かった危機的状況の中、山崎と階堂の人生が再び交差する。

カテゴリ