菜々緒、始球式で全力投球 古田敦也は“菜々緒ポーズ”で対抗

菜々緒、始球式で全力投球 古田敦也は“菜々緒ポーズ”で対抗

 モデルで俳優の菜々緒が8月1日、東京ドームで開催された『サントリードリームマッチ2022』の始球式に登場。マウンドに立った菜々緒に対し、バッターボックスの古田敦也は“菜々緒ポーズ”で対抗した。



【動画】抜群スタイル!華麗なフォームで投球する菜々緒



 背番号「770」のユニフォーム姿で登場した菜々緒は、イベント前に両チームを率いる山本浩二監督、田尾安志監督へ花束を贈呈。駆けつけた野球ファンに向け「このイベント自体が(コロナ禍の影響で)3年ぶりということで、皆さん楽しんでいってください!」と笑顔を振りまいた。



 始球式では、古田から“先制攻撃”を受けたものの、キャッチャーの谷繁元信に向けて見事な全力投球を放った。始球式を務めるのは「今回で5回目」だといい、「きょうは初めて成功したかもしれません!」と胸を張っていた。



 同イベントではこれまで俳優の石原さとみが始球式を6度務め、村田兆治の“マサカリ投法”、野茂英雄氏の“トルネード投法”、渡辺俊介の“サブマリン投法”などを披露してきたことで話題を集めていた。



 1995年から開催されている同記念試合は今年で26回目。今年は山本監督率いる「ザ・プレミアム・モルツ球団」と田尾監督率いる「ドリーム・ヒーローズ」が対戦し、日本球界を盛り上げてきた往年の名選手たちが熱い火花を散らす。

カテゴリ