SSFF & ASIA、来年度の開催に向け作品募集を開始 講談社との新プロジェクトも始動

SSFF & ASIA、来年度の開催に向け作品募集を開始 講談社との新プロジェクトも始動

 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)』は、8月1日より25回目となる2023年度の開催に向けた作品募集を開始した。



【画像】『SSFF & ASIA2023』アワード構成図



 2004年よりアカデミー賞公認の映画祭となり、映画祭グランプリ作品を翌年のオスカーノミネート候補として推薦してきたSSFF & ASIAは、2019年にはインターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門からなるライブアクション部門および ノンフィクション部門の4部門、そして2021年には新たにアニメーション部門の推薦枠が認められ、サンダンス映画祭やパームスプリングス映画祭と並ぶ合計5つの部門優秀賞に翌年のオスカー獲得へのパスポートを授与できる映画祭として展開している。



 映画祭では、東京をテーマにした作品を募集する「Cinematic Tokyo部門」、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的にソニーがサポートする「スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony's Xperia(TM)」、国内の25歳までの監督が制作した作品を対象に、5分以下のショートフィルムを募集する「U-25プロジェクト」、企業・行政によるブランデッドムービーを特集する「BRANDED SHORTS」といった多岐にわたる作品公募も同時スタート。



 中でも、今年新設となったHR部門 supported by Indeedでは、ブランデッドムービーの中でもHR・人事・採用の視点を持つ作品を募集。 全ノミネート作品の中から「デジタルと人間らしさの融合」をテーマに、 Purpose(存在意義)、New(新奇性)、Design(デザイン性)、Human Experience(人の体験・体験価値)、 Engagement(愛着)の5つの指標から特に優れた作品にはDeloitte Digital Awardも授与される。 さらに、第12回観光映像大賞では、各自治体や団体が制作する地域のブランデッドムービーを募集。なお、映画祭全上映作品の中から、「Be HAPPY with HOPPY」を掲げるホッピーの思いを体現する作品には「HOPPY HAPPY AWARD」を授与する。



 さらに、本年より、講談社と映画祭による、「シネマクリエイターズ・ラボ」プロジェクトも始動。講談社が新たな映像クリエイターの才能の発掘と支援を目的にショートフィルム企画を世界公募するプロジェクトで、実写・CG・アニメーションなど、形式&ジャンルは不問、企画書(絵コンテ・脚本など)と経歴書を送り、最優秀企画3点を選定。映像の製作資金や生活費として1000万円が送られる。



 このほか、 第9回目となるブックショートアワードの作品募集では、日本各地に伝わる昔話やおとぎ話、民話、小説などの<二次創作>を募集している。
カテゴリ